一家を崩壊させた凄惨な殺人事件。25年の時を超え、全ての謎が明かされる―。予測不可能な展開が本国で話題を呼んだ韓国映画『House of the Disappeared』(英題)が3月17日(土)に『時間回廊の殺人』として日本公開することが決定。あわせてポスタービジュアルと予告編が解禁された。
画像: 一家を崩壊させた殺人事件の予測不可能な謎とは?『時間回廊の殺人』ポスタービジュアル&予告編が完成
画像: 3/17公開『時間回廊の殺人』予告編 youtu.be

3/17公開『時間回廊の殺人』予告編

youtu.be

“家”と“時間”が巧みに絡み合う予測不可能な結末が待ち受ける

物語は、1992年11月11日、ウィルン洞34番地にひっそりと佇む家で、殺人事件が発生するところから幕が開く。夫と息子殺害の容疑で逮捕されたのは、妻のミヒ。息子の遺体も見つからず、ミヒも無実を訴えるが、懲役30年が求刑される―。それから25年後。仮釈放されたミヒは、息子を探す手掛かりを掴むため、事件が起きた家へと戻る。その家は長年放置され老朽化が激しかったが、ミヒは“あの時”と同じ何者かの気配を感じ取っていた。一方、受刑者のケアをしているチェ神父は、家に籠っているミヒを訪ねるが、彼女は頑なに心を閉ざす。チェ神父は、ミヒを縛り付けている25年前の事件を調べる中、その家にまつわる驚愕の過去を突き止める。そして、事件から25年後の同日。チェ神父は、ミヒに家を出るように警告するが―。

主演は、韓国を代表する国際派女優キム・ユンジン。日本において初めて大ヒットを記録した韓国映画『シュリ』でヒロインを演じ、その後は海外ドラマ「LOST」等活躍の場を世界に移した。本作で、『国際市場で逢いましょう』から3年ぶりの韓国映画復帰を果たした。そして、事件を追う神父を演じるのは、アイドルグループ2PMのメンバー、オク・テギョン。韓国のみならず、日本での高い人気・知名度を誇る両名が、その完成度に唸り出演の決め手となった脚本は、『プリースト 悪魔を葬る者』のチャン・ジェヒョンが担った。衝撃のスリラー描写のみならず、散りばめられた伏線と謎解き、そして家族愛など、見どころ満載。そして“家”と“時間”が巧みに絡み合う予測不可能な結末に注目だ。

時間回廊の殺人
3月17日(土) シネマート新宿・心斎橋他にて全国順次ロードショー
配給:アルバトロス・フィルム
©2017 peppermint&Company,Inc. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.