ロシア映画史上最大級の予算で製作されたスーパーヒーロー超大作。冷戦時代に遺伝子操作によって生まれた超人戦士たちが英雄として甦る! 監督は「クライム・スピード」のサリク・アンドレシアン。
画像: 超人戦士大集合! ロシア版スーパーヒーロー超大作
「ガーディアンズ」1月20日公開

ハリウッドとは一味違うスーパーヒーロー映画

ロシア映画史上最大級の予算で製作されたスーパーヒーロー超大作。冷戦時代に遺伝子操作によって生まれた超人戦士たち。存在を抹消された彼らが、いま英雄として甦る!ハリウッドのスーパーヒーローとは一味違うミステリアスな魅力を持ったキャラクターたちが大活躍 する。
出演はアントン・パンプシニ、サンザール・マディー、セバスチャン・シサク、アリーナ・ラニナ、スタニスラフ・シリンら。監督は「クライム・スピード」のサリク・アンドレシアン。

画像: ハリウッドとは一味違うスーパーヒーロー映画

遺伝子操作で生み出された超人部隊

冷戦時代。ソ連で進められていた、超人を製造するための極秘プロジェクト“パトリオット計画”。やがて究極の遺伝子操作により、特殊能力を持った超人部隊がついに生み出される。けれども名声を我がものにしようとする天才科学者クラフトの裏切りにより研究所は破壊され、超人たちも姿を消してしまった。

画像: 遺伝子操作で生み出された超人部隊

ガーディアンズの想像を絶した戦いが幕を開ける

そして50年後、自らもスーパーパワーを持つ超人となったクラフト(シリン)が復活。巨大兵器の大軍を率いてロシア崩壊を企む。人間では歯が立たないと知った政府は、存在を抹消されていたかつての超人たちを見つけ出し、国家の危機を防ごうとする。集められたのは獣化能力を持つアルスス(パンプシニ)、念動力を操るレア(シサク)、超音速の剣の達人ハン(マディー)、透明化できる美女クセニア(アリーナ)。ガーディアンズと名付けられた彼らの想像を超えた戦いが幕を開ける。

画像: 『ガーディアンズ』予告編 www.youtube.com

『ガーディアンズ』予告編

www.youtube.com

「ガーディアンズ」
監督/サリク・アンドレシアン
出演/アントン・パンプシニ、サンザール・マディー、セバスチャン・シサク、アリーナ・ラニナ、スタニスラフ・シリン
1月20日公開/ギャガ・プラス配給
©2017, Enjoy Movies LLC.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.