ハリウッドから嫌われながらも、偽名でアカデミー賞を2度も受賞した感動の実話が再び上映される。
画像: 先着100名様ご招待!アカデミー賞が気になるこの時期にぴったり、感動の実話「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」特別上映会開催決定!(ご応募は終了しました)

「ローマの休日」を書いた男のあまりにも数奇な運命

“永遠の妖精”オードリー・ヘプバーンの可憐な美しさとともに語り継がれる、恋愛映画の不朽の名作「ローマ休日」(1953)。しかし、誰がこの物語を思いつき、脚本を書いたのか知る人はほとんどいない。本編にクレジットされなかった真の作者ダルトン・トランボは、いわれなき汚名を着せられてハリウッドから追放され、栄えあるアカデミー賞のオスカー像を受け取ることも出来なかった。
 TVシリーズ「ブレイキング・バッド」で絶賛を博したブライアン・クランストンが第88回米アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされた名演技を披露し、固い信念を貫いたトランボの型破りでユーモアに満ちた生き様を体現。言論や思想の自由という現代に通じるテーマを追求したした映像世界、アカデミー賞が気になるこの時期にあらためてオススメの一作だ。

画像: 「ローマの休日」を書いた男のあまりにも数奇な運命

SCREEN×シネマイクスピアリ 初のコラボ企画!

この感動の実話「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」(2016)の特別上映会が2月20日、舞浜のシネマイクスピアリで開催されることとなった。これは、「いい映画」「上質な映画」「感動する映画」をたくさんの人にお勧めすることを目的に、試写会など様々な且つ動を続けるシネマ夢倶楽部が15周年を迎え、これを記念してSCREENとシネマイクスピアリの初のコラボ企画が実現されるもの。同作品は第14回シネマ夢倶楽部表彰ベストシネマ第2位に輝いている。特別上映会開催日時は以下の通り。

この度先着100名様をこの特別上映会にご招待致します。
※定員数に達しました。

日時:平成30年2月20日(火)
開場:18時00分 開映:18時30分
場所:シネマイクスピアリ(千葉県浦安市舞浜1-4)

※一度のお申し込みで4名様まで有効です。
※定員になり次第締め切りをさせて頂きます。
※上映会のご案内状は2月上旬に郵送させて頂きます。
※会場までの交通費等は各自ご負担下さい。

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」

画像: 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」

監督:ジェイ・ローチ(『ミート・ザ・ペアレンツ』)
脚本:ジョン・マクナマラ
原作:ブルース・クック(「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」世界文化社刊)
出演:ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、
エル・ファニング、ヘレン・ミレン ほか
2015年/アメリカ/124分/カラー/ビスタ/5.1ch/字幕翻訳:李静華
©2015 Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
配給:東北新社 Preseted by スターチャンネル

主催:一般財団法人日本ファッション協会 シネマ夢倶楽部
協賛:株式会社イクスピアリ 株式会社市進ホールディングス 株式会社近代映画社 株式会社サン-ケイ(50音順)
お問い合わせ:電話03-3295-1411(日本ファッション協会 シネマ夢倶楽部)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.