『ナショナル・シアター・ライブ2018』の新作第1弾となる2月2日(金)公開の「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく」の予告編が完成した。

エイズを発症した青年の繊細な心を演じるガーフィールド

アンドルー・ガーフィールドやネーザン・レーンが出演し、『戦火の馬』や『夜中に犬に起こった奇妙な事件』などを手がけてきたマリアン・エリオットが演出する本作は、80年代のニューヨークを舞台に同性愛者を取り巻く人間模様を描く感動作。
演劇界に衝撃を与えた超大作の第一部では、エイズを発症してしまう青年の微妙な心の動きをガーフィールドが繊細に演じている。作品の雰囲気を味わえる予告編をじっくり味わいたい。

画像: 『エンジェルス・イン・アメリカ 』第一部 予告編 youtu.be

『エンジェルス・イン・アメリカ 』第一部 予告編

youtu.be

【上映劇場】
TOHOシネマズ 日本橋
TOHOシネマズ 川崎
TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
大阪ステーションシティシネマ
福岡中州大洋
※ 中州大洋のみ、全作品、公開日が他のサイトから1日遅れの土曜初日公開で1週間上映。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.