「グレイテスト・ショーマン」(2018年 2月16日公開、20世紀フォックス映画配給)の主演ヒュー・ジャックマンが共演のキアラ・セトルと2月に来日することになった。

日本のファンにも気に入ってもらえると思う

『レ・ミゼラブル』の熱唱で世界を泣かせたヒュー・ジャックマンが、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞した才能溢れる音楽チームとコンビを組んで完成させたゴージャスでスペクタクルなミュージカル・エンタテイメント『グレイテスト・ショーマン』。この度、アイディアが実現されるまでに7年もの歳月を費やした自信作を引っさげ、ジャックマンとキアラ・セトルの来日が決定!

ジャックマンが演じたのは、19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築いた伝説の興行師P.T.バーナム。妻への一途な愛を糧に夢を追いかけた彼は、差別や偏見の中で立ち尽くしていたエンタテイナーたちにスターになれる場所を提供し、エポックメーキングなショーを創造したことで知られている。親日家として知られ、『LOGAN/ローガン』のプロモーション以来、約9ヶ月ぶりの来日となるジャックマンは「日本のみなさんが、ミュージカルが大好きなことを知っているよ。本作を観た後は、必ず笑顔になれることを保証できるから、きっと日本のみなさんにも気に入ってもらえると
思うよ。本当に来日が楽しみだ!」と本作への自信と日本のファンへ向けてメッセージを残す。本作への想いの強さが伺えるジャックマンのインタビュー映像も到着した。

画像: 映画『グレイテスト・ショーマン』ヒュー・ジャックマンインタビュー映像 youtu.be

映画『グレイテスト・ショーマン』ヒュー・ジャックマンインタビュー映像

youtu.be

ジャックマンと共に来日するのは、バーナム一座で人気を博すパフォーマーで、ショーの中でスポットを浴び「This Is Me」(これが私!)と主張できる自分を獲得していくレティを演じるキアラ・セトル。『ラ・ラ・ランド』で昨年のアカデミー賞とゴールデングローブ賞のW受賞を果たしたベンジ・パセックとジャスティン・ポールのコンビが、ゴールデングローブ賞<主題歌賞>2年連続受賞へ導いた「This Is Me」をセトルが圧巻の歌声を響かせる。来日する2人は、2月13日(火)に作品の世界観をイメージした大規模なレッドカーペットイベントへの参加を予定している。

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.