イタリア映画の巨匠フェデリコ・フェリーニに魅せられた少女の旅を描くロマンティック・ファンタジー『フェリーニに恋して』が3月17日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開することが決定。公開に合わせてビジュアルも解禁となった。映画批評サイトRottentomatoesで異例の高評価を獲得した話題作だ。

この春新しい何かを始めたくなる、一歩踏み出す勇気を手にできる物語

本作は、『夢を抱くすべての若者たちに捧げたい』(「Hollywood Reporter」) 『フェリーニへのリスペクトに溢れている!』(「Los Angeles Times」)などと本国アメリカで絶賛を浴びた大人のロマンティック・ファンタジー。煌めくフェリーニの魅惑の世界を旅して、恋をして。かつて少女だったすべての大人たちに贈る儚く美しい愛の物語だ。

時は1993年、主人公は世間を知らず母に守られながら育ったルーシー。ある日、母の病に気づいたルーシーは初めて自立を決心するが、うまくいかない・・・。そんな時、イタリア映画の巨匠フェデリコ・フェリーニと目が眩むような運命的な出会いを果たす。フェリーニの作品に魅せられて、ルーシーはたったひとりフェリーニを探すためイタリアへ旅発つ。そこでルーシーを待ち受けていたのは現実とファンタジーの入り混じったおとぎ話のような世界だった――。

少し風変わりな主人公ルーシーを演じるのは、日本でも大ヒットした『ブラックスワン』(10’)でプリマを目指すバレリーナを演じたクセニア・ソロ。マリア・ベロ、メアリー・リン・ライスカブら実力派女優が脇を固めている。

本作の見どころは『道』『甘い生活』『8 ½』など数々のフェリーニの名作シーンのオマージュや、ローマ、ヴェネチア、ヴェローナといったイタリアの美しい都市の景色。まるで宝石箱をひっくり返したような心くすぐる世界に、観る者は心を奪われる。今回解禁となったビジュアルからも、物語を儚くも美しく彩る世界を目にすることができる。

本作で描き出されるのは不思議な世界だけではなく、母と娘の絆と、一人の少女の成長の記録。親子の愛を今一度感じ、この春新たな恋や、新しい何かを始めたくなる、そんな一歩踏み出す勇気を手にできる物語だ。

フェリーニに恋して
3月17日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
配給:ココロヲ・動かす・映画社○
©In Search of Fellini, LLC. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.