アメコミ関連の映画について、縦横無尽に楽しい知識、お得な情報などをみなさんにお届け。今月は解禁になった「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の予告編から、注目ポイントと内容の予想を。

杉山すぴ豊(SUGIYAMA SUPI YUTAKA)
アメコミ系映画ライター。雑誌や劇場パンフレットなどにコラムを執筆。アメコミ映画のイベントなどではトークショーも。大手広告会社のシニア・エグゼクティブ・ディレクターとしてアメコミ映画のキャンペーンも手がける。

「インフィニティ・ウォー」を予告編から大予想!

遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします!

2018年は戌年。ちなみにスーパーマンにはクリプトというスーパーワンちゃんのペットがいます。さて今年もアメコミ映画の話題作がいっぱいですが、なんといっても大注目は「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」。昨年11月末に予告編が全世界同時解禁となりました。今日はそこから本作の内容を大胆に予測してみましょう。

この予告編で注目すべきポイントは3つ。
1: サノスがNYに現れヒーローたちと戦う
2: キャプテン・アメリカたちがブラックパンサーの祖国アフリカのワカンダ国でサノスの軍勢と戦う
3: ソーがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々と出会う
です。

画像: そーはどこでガーディアンズと出会うのか?

そーはどこでガーディアンズと出会うのか?

ここから察するに、次のような物語になるのではないかと。

「マイティ・ソー バトルロイヤル」のエンド・クレジットの途中で、アスガルドの民を乗せた宇宙船の前にさらに巨大な宇宙船が現れるシーンが登場しますが、あの巨大な宇宙船はサノスのもの。従ってソーはサノスと戦い敗れ、宇宙を漂う。恐らくロキはサノス側につく。傷ついたソーをガーディアンズたちが見つけ救出。
一方サノスはインフィニティ・ストーンを探し求め地球へ。まずはNYでドクター・ストレンジのいるサンクタムやヴィジョンを襲う。ヴィジョンの額にはインフィニティ・ストーンが埋まっていますからね。そして恐らく最後のインフィニティ・ストーンに関わるなにかがワカンダ国にあり、サノスの魔の手がのびる。
アベンジャーズはサノスを倒すためワカンダに集結。この国に身を潜めていたキャプテン・アメリカやウィンター・ソルジャーも加わり、サノス軍と大決戦となる。

つまり今度の作品はサノスの侵攻を止めるためヒーローたちがところどころで迎え撃つという流れになるのでしょう。サノスを“シン・ゴジラ”、アベンジャーズを“巨災対”と考えればわかりやすいかな(笑)。後はガーディアンズたちがどこでアベンジャーズと合流するかですね。

ファンの間で話題になっているのは、この予告にホークアイが登場しないこと! ホークアイことクリント・バートンはローニンという“別のヒーロー人格”で活躍するとの噂があり、その姿をまだ隠している? 個人的には「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で重傷を負ったウォーマシーンの復活が嬉しかったです。

「アベンジャーズ4」の気になるウワサもちらほら

「インフィニティ・ウォー」も楽しみですが、ファンは早くも「アベンジャーズ4」(来年公開)がどうなるかも気にしています。
というのもこの「アベンジャーズ4」で今までのヒーローたちのほとんどがリセットされ、新たなステージを迎えると言われているからです。つまりロバート・ダウニー・ジュニアのアイアンマンやクリス・エヴァンズのキャプテン姿は「アベンジャーズ4」で見納めの可能性が高い。

これだけでも衝撃的ですが、さらにすごい噂が!
なんと「アベンジャーズ4」にヒュー・ジャックマンがウルヴァリン役で登場かも、というのです。実はディズニーによる20世紀フォックスの買収の話が決着し、現時点でフォックスが持っているX-MEN、ファンタスティック・フォーの映画化権がマーベル・スタジオに移る。そうなると「アベンジャーズvs. X-MEN」の映画化も夢ではない!
なので「アベンジャーズ4」でX-MENやファンタスティック・フォーの存在が示唆される可能性がある。

画像: 「アベンジャーズ4にウルヴァリンが登場か!?」

「アベンジャーズ4にウルヴァリンが登場か!?」

そしてヒュー・ジャックマンはかねてからアベンジャーズと共演できるならウルヴァリン役を演じてもいい、と発言していたのです! 現時点でヒュー自身は否定的な発言した説ありますが、最終的にどうなるかはわかりません!

ただ「アベンジャーズ4」はすでに撮り始めていますから、このタイミングでウルヴァリンが大きな役を担うとは考えづらい。従って「アイアンマン」の最後にニック・フューリーが現れたような感じでヒューのウルヴァリンが登場!? ファン・サービスでいいから実現してほしい!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.