全米ベストセラーのサスペンス小説が待望のTVシリーズとなり、日本にも登場。元海兵隊の天才スナイパーが国家的陰謀にからめとられ、自らのスキルと頭脳で危地を脱し反撃に転じる姿がスリリングに描かれています。

アメリカの人気作家スティーヴン・ハンターの代表作“ボブ・リー・スワガー・シリーズ”の第1作『極大射程』を、「父親たちの星条旗」などのライアン・フィリップの主演でTVシリーズ化した作品で、アメリカでは2016年にケーブル局USAネットワークで放送され、同局の人気シリーズ「MR. ROBOT /ミスター・ロボット」「SUITS /スーツ」を越える年間最高視聴者数を獲得、2017年にはシーズン2が放送されました。

元海兵隊狙撃兵が自身の狙撃×頭脳で挑む、巨大な敵…!

画像: 家族と山奥で暮らしていたが…

家族と山奥で暮らしていたが…

元海兵隊で天才スナイパーと言われたボブ・リー・スワガーは親友の戦死と自身の負傷から退役、愛する妻と幼い娘と共に山奥の家でひっそりと暮らしていた。だが、かつての上官でいまはシークレットサービスに籍を置くジョンソンが訪ねてくる。大統領暗殺計画が発覚したので、それをスワガーに阻止してほしいというのだ。だがそれは巧妙な罠だった。スワガーは暗殺犯の濡れ衣を着せられ、国家から追われる身となってしまった……

ココがシュート・ポイント!

映画版の主演・監督も参加

画像: 映画版のスタッフも参加している

映画版のスタッフも参加している

この原作は2007年にマーク・ワールバーグ主演、アントワン・フークア監督で「ザ・シューター/極大射程」として映画化されヒットしているが、この時の主演・監督コンビがTVシリーズ版でも製作総指揮として参加している。また、ワールバーグとのコンビの多い製作者スティーヴン・レヴィンソンも製作総指揮に加わっている。

登場する狙撃銃に注目!

画像: 各種の狙撃銃が登場する

各種の狙撃銃が登場する

主人公がスナイパーという設定なので、狙撃銃が多数登場する。短距離用から超長距離用までその種類は豊富で、NATO制式銃など実際に使用されている銃が使われており、米軍のM4カービンの狙撃用バージョンMk12、オーダーメイドのD&LMR-30 PG、大型のBarrett M82 A1など、実に17種類ものスナイパーライフルが見られるのだ。

画像: 「ザ・シューター」DVD-BOX NBCユニバーサル/ 2017年2月7日発売、9,300円+税(5枚組)

「ザ・シューター」DVD-BOX

NBCユニバーサル/ 2017年2月7日発売、9,300円+税(5枚組)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.