2017年のアカデミー賞で長編アニメーション賞候補に選ばれたクロード・バラス監督のアニメ。
母を亡くし一人ぼっちになった少年が、心に傷を抱えた子供たちが暮らす孤児院に送られて、やがて自分の居場所を見つけていく姿を描く。
画像: 孤独な少年の成長を描くアニメ
「ぼくの名前はズッキーニ」2月10日公開

アヌシーでは作品賞と観客賞をダブル受賞!

2017年のアカデミー賞で長編アニメーション賞候補に選ばれ、アヌシー国際アニメーション映画祭では最優秀作品賞と観客賞を受賞するなど、世界で賞賛されたクロード・バラス監督のストップモーション・アニメ。
ジル・パリスの原作を基に、母を亡くし、一人ぼっちになった少年が、心に傷を抱えた子供たちが暮らす孤児院に送られて、やがて自分の居場所を見つけていく姿を描く。セリーヌ・シアマによる脚色はセザール賞を受賞している。

画像: アヌシーでは作品賞と観客賞をダブル受賞!

一人ぼっちのズッキーニは孤児院へ

ビールを飲んで怒ってばかりいるママと二人暮らしの少年イカールは、いつも屋根裏部屋で絵を描いて遊んでいる。ある日不慮の事故でママが死んでしまい、イカールは一人ぼっちに。事故を担当した心優しい警官のレイモンは、ママがつけたズッキーニというあだ名を大事にしているイカールを不憫に思いながら、フォンテーヌ園という孤児院に連れて行く。

画像: 一人ぼっちのズッキーニは孤児院へ

新入園の少女カミーユにズッキーニは心の高まりを

最初はいじめられたりするものの、そこでやはり心に傷を抱えたシモンやアメッドといった子供たちと仲良くなったズッキーニ。やがて新しい入園者、カミーユがやってくると、ズッキーニは彼女に心の高まりを覚える。カミーユは悲惨な出来事で両親を失ったことを知ったズッキーニは、園を照らす太陽のような存在になったカミーユと親しくなっていく。しかしカミーユには扶養手当を狙う叔母がいて、園に乗り込んでくる……

画像: 「ぼくの名前はズッキーニ」予告編 www.youtube.com

「ぼくの名前はズッキーニ」予告編

www.youtube.com

「ぼくの名前はズッキーニ」
監督/クロード・バラス
2月10日公開/ビターズエンド=ミラクルヴォイス配給
©Rita Productions / Blue Spirit Productions / Gebeka Films / KNM / RTS SSR / France 3 Cinema / Rhones-Alpes Cinema / Helium Films / 2016

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.