「教授のおかしな妄想殺人」のホアキン・フェニックスが、バットマンの宿敵、ジョーカー役の交渉に入ったと報じられた。

この映画はワーナー・ブラザース製作で、他のDCのスーパーヒーロー映画シリーズとは関連せず、独立した作品として、ジョーカーの誕生を描くもの。80年代初頭のゴッサムシティを舞台にしたハードボイルド的な犯罪映画になると言われている。
監督は「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス、製作にマーティン・スコセッシが参加することは決定済み。フィリップス監督が、ホアキンの主演を希望しているとのこと。脚本はフィリップス監督と「ザ・ファイター」のスコット・シルヴァーが執筆中。
ジョーカーはこれまで、ジャック・ニコルソン、ヒース・レッジャー、ジャレッド・レトーらが、強烈なキャラクターを演じてきた人気キャラクターだけに、今後のキャスティング情報に注目だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.