天才脚本家アーロン・ソーキンが、ジェシカ・チャステーンを主演に迎え、自らの脚本で待望の監督デビューを果たした作品が『モリーズ・ゲーム』。平昌オリンピックの開幕を記念して、ジェシカがモーグルのトップ・アスリートに扮し、オリンピック予選最終戦の衝撃のビフォア&アフターをとらえた場面写真が緊急解禁された。

トップ・アスリートから高額ポーカーゲームルームの経営者へ

ハリウッドで一大スキャンダルを巻き起こした実話の裏側を映画化した本作は、第90回 アカデミー賞®《脚色賞》ノミネート、第75回 ゴールデン・グローブ賞で《主演女優賞(ドラマ部門)》《脚本賞》のダブルノミネートを始め、すでに5受賞、41ノミネートを果たし、映画賞レースを席巻している話題作。ジェシカ・チャステーンが演じるのは、モーグルのオリンピック候補選手というトップアスリートから一転、26歳にしてスター俳優や大企業の経営者やセレブが集う高額ポーカールームの経営者となった女性モリー・ブルームだ。

今回解禁された場面写真は、モーグルのトップアスリートに扮したジェシカの、衝撃のビフォア&アフターをとらえたもの。モリー・ブルームは、ケヴィン・コスナーが演じる心理学教授で厳格な父親の下、幼い頃からひたすら練習を重ね、12歳で負った背骨の大手術から復活。2002年、五輪出場を目前に冬季オリンピック予選の最終戦を迎えていた。

画像: これがモリーのビフォア

これがモリーのビフォア

ビフォアは、滑走を前に音楽を聴いて意識を集中する場面とスタートを目前にゴーグルを着用するレース直前の緊張感を伝えるシーン。そして衝撃のアフターでは、転倒によるケガで鼻血を出したジェシカをとらえている。一本の松の枝によって転倒後、自力で立ち上がった彼女は滑走コースを振り返り悔しさをにじませる。そしてコスナーが演じる父の横で憮然とした表情でコースを後にするのだった。戦略家であるモリーは、コロラド大学を首席で卒業し、予選を通過してソルトレークで金メダルを獲得し、ロースクールを卒業して会社を設立するという人生設計を立てていた。だが、運命はモリーのもくろみ通りにはいかない。滑走コースにあった1本の松の枝がモリーの運命を変える。その枝に足をすくわれた彼女は転倒、彼女のアスリート生命と人生設計はもろくも崩れてしまうのだった。

画像: 衝撃のアフター

衝撃のアフター

ケガから回復したモリーは、ロースクール入学前にハリウッドのクラブでウェイトレスとして働き始める。店の常連客のディーン・キース(ジェレミー・ストロング)から雑用係としてスカウトされ、彼が主催するポーカー・ゲームを手伝い始めることになる。
トップアスリートの衝撃のアクシデントから一転、ポーカーゲームの経営者へ。ジェシカが初めて披露する緊迫感あふれる滑走シーン、そして華麗な転身を遂げる衝撃のビフォア&アフターは必見! 

画像: モリーの人生はこの後、激変する

モリーの人生はこの後、激変する

2018年5月全国公開。
監督・脚本:アーロン・ソーキン
出演:ジェシカ・チャステーン、イドリス・エルバ、ケヴィン・コスナー、マイケル・セラ
製作国:アメリカ 配給:キノフィルムズ 
© 2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.