SCREEN

  • ●今月号目次
  • 購入はこちらから
  • モニター募集
  • ●年間定期購読

SCREENコレクション

SCREENストア

商品カテゴリー

INFORMATION

  • 「デッドプール」続編の相棒役はシャノンに?
  • カンバーバッチに第二子誕生
  • 全米初の女性大統領立候補者役にブリー
  • M・クニスとK・マッキノンのスパイ・コメディー
  • C・エヴァンズがイスラエルのエージェント役に
  • ダウニー・ジュニア、今度はドリトル先生に
  • クラシンスキーとエミリー夫妻初共演へ
  • トム・ハーディーがネイビーシールズの映画に
  • アリシアがモンスター・アクションに主演か
  • 何世紀も生きる男を演じるカンバーバッチ
  • ドラマ大賞
  • ポートレート
  • なつかしのハリウッドスターカレンダー2017
  • ドクターストレンジ
  • シネマレビューノート
  • アリスインワンダーランド
  • シネマ グッズ
  • コミコンレポート
  • 編集長BLOG
  • SCREENアーカイブ

SCREEN ONLINE 会員募集

近代映画社 WEB


Interview

エマ・ストーン

「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン

一昨年は「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でのマイケル・キートンの娘役でアカデミー助演賞候補になったり、長く続いたアンドルー・ガーフィールドとの交際を終えたりと大きな出来事があったせいか、まだ28歳なのにぐんと大人びてしまった「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン。この日は地味な黒と茶のドレスに濃い目の色の髪もクラシックなスタイルで現れた。
『自分では結構上手に踊れると思っていたのね。ところがレッスンを受けたらそのステップの複雑さ、テンポの速さに、もう足はもつれ、頭は真っ白になってしまって、改めてダンスを綺麗に踊る事がどれ程難しいか嫌という程知りました。それから猛練習をしてライアンともデュエットの練習、ひとりで踊る練習をしながら、おまけに歌も歌わなければならず、画面で見ていると楽しそうでしょうけれども、私はひたすら歯を食いしばる程に必死で、それを見せたら駄目だから、にこにこと笑いながら踊っての苦労の連続だったわ。
グリフィス・パークでのライアンとのダンスシーンは映画のハイライトだから2日間、踊りっぱなし。ライアンの巧みなリードがなければ私はもうしおれた花の様になっていたでしょうね。ライアンは「ミッキーマウス・クラブ」で子供の時から踊っていたから、スタートが違うし、体の中にリズムとステップが染み付いていて、彼は自然に踊れるのよ。
オーディションの場面では、若い頃の自分を思い出して涙ぐんだりもしたわね。母とロスアンジェルスに来て死にそうな程たくさんのオーデイシオンを受けて、嫌になる程大勢のブロンドの女優志願の若い女性達と競ったものだった」
(続きはSCREEN3月号でご覧ください)
Text by Yoko Narita


エマ・ストーン オリジナルポートレートが発売中です。詳しくは左にあるオリジナルポートレートのバナーかhttp://screenonline.jp/portrait/portrait.htmlよりお越しください。期間限定の発売になりますのでお見逃しなく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼過去の記事を読む