昨年公開されて日本でも大ヒットした「ワンダーウーマン」のキャラクターはどのようにして生まれたのか?の誕生秘話を描く「ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密」が2018年3月21日にリリースされました。原作者マーストン教授の生活と信念が伝わってくる作品です。

ルーク・エヴァンズ主演の伝記ドラマ

DCコミックの世界一有名な女性ヒーロー、ワンダーウーマンはいかにして誕生したのかを解き明かす、原作者ウィリアム・マーストン教授の生活を追った伝記映画であり、愛情物語だ。

マーストンは心理学教授だったが、互いに愛情を持つ二人の女性と生活するため職を失い、自らの研究理論を世間に伝えるためコミックブックの作者となって“ワンダーウーマン”を生み出したのだ。

画像: 互いに愛し合う3人が共同生活を送る

互いに愛し合う3人が共同生活を送る

監督・脚本のアンジェラ・ロビンソンはTV「Lの世界」で知られているが、本作でも女性同士の愛情を不自然さを感じさせることなく描き、同時にマーストン教授の心理学的信念を伝えることに成功している。

「美女と野獣」のルーク・エヴァンズがマーストン教授に扮し、「ザ・ギフト」のレベッカ・ホールがその妻エリザベスに、「ネオン・デーモン」のベラ・ヒースコートが彼らと生活を共にするオリーブに扮している。

〝地上最強の美女〞はいかにして生まれたのか?

ラドクリフ大の心理学教授だったマーストンはDISC理論という学説を主張し、妻エリザベスと共に研究を行なっていたが、新年度に講義を受けていたオリーブが助手になる。

3人は研究を進め、夫妻が試作していたウソ発見器もオリーブのインスピレーションで完成する。そして3人は互いの気持に気づくようになっていく。3人が3人とも、ほかの二人に対して愛情を持っているということに。

画像: マーストンは自らの理論を世間に実践しようと考えた

マーストンは自らの理論を世間に実践しようと考えた

紆余曲折を経て3人は共同生活を送るようになり、子供たちも生まれるが、世間は常識外の彼らに対して不寛容だった。マーストンは職を奪われ、エリザベスも研究生活を離れて秘書として働かざるを得なくなる。

やがてマーストンは自らの心理学理論の世間への実践のため、コミックブックにすることを思いつく。「ワンダーウーマン」の誕生だ。作品は大人気になるが、その描写が良識団体のやり玉に挙げられてしまう……

画像: “スーパーマン”の出版元に“ワンダーウーマン”を持ち込む

“スーパーマン”の出版元に“ワンダーウーマン”を持ち込む

画像: 「ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密」ブルーレイ&DVDセット ソニー・ピクチャーズ/ 2018年3月21日発売、4,743円+税(2枚組) 特典=バイタリティあふれる3人:フェミニズムの裏に隠された真実、監督自身の見解、原作者チャールズ・モールトンの秘密、未公開シーン集

「ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密」ブルーレイ&DVDセット

ソニー・ピクチャーズ/ 2018年3月21日発売、4,743円+税(2枚組)

特典=バイタリティあふれる3人:フェミニズムの裏に隠された真実、監督自身の見解、原作者チャールズ・モールトンの秘密、未公開シーン集

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.