ウェス・アンダーソン監督が贈る映画『犬ヶ島』が2018年5月25日(金)に日本公開。本作の公開を記念して、「AKIRA」などで知られ、全世界で敬愛されている漫画家・大友克洋による映画『犬ヶ島』との夢のコラボイラストが到着した。
画像: (c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

先日開催された第68回ベルリン国際映画祭では、銀熊賞【監督賞】を堂々受賞! 全世界中からますますの注目を集めている『犬が島』。世界的な日本アニメムーブメントを巻き起こした名作「AKIRA」などの原作漫画から劇場版アニメ―ション作品、絵画まで、その幅広い創造活動が日本のみならず世界中から熱狂的に支持されている漫画界の巨匠・大友克洋。今回、大友の大ファンだというウェス・アンダーソン監督が、自身の日本愛をたっぷりと詰め込んだ本作とのコラボレーションを熱望したところ、大友も快く承諾!なんと、ウェス・アンダーソンの作品世界が、大友独自のタッチで描かれるスペシャルコラボイラストが誕生した!

大友克洋からのコメントも同時に到着

到着したイラストで描かれているのは、傷を負った勇ましい眼差しでこちらをまっすぐに見つめる一匹の日本犬。その大きな背中には本作の物語を一つの島として表現するかのように、主人公のアタリや共に冒険を繰り広げる5匹の犬をはじめとしたキャラクターたちが大集結!
パチンコを持ち、こちらに狙いを定めるアタリの表情からは、大友の代表作「AKIRA」で壮絶な戦いを繰り広げる登場人物らと同じ逞しさを感じさせ、ファンならずとも胸が高まること必至のイラストに仕上がっている。
大友は自身のイラストについて『最初にこの映画を観た時に、何かを加えてイラストを作ることは難しいかもしれないと思いました。この作品は黒澤映画からの直接的な音楽の引用を含む、日本映画へのオマージュに満ちていて、細部にわたってすでに完成された、完璧な世界でした。そこで、考えたのは、“犬ヶ島”を伝統的な日本犬に見立て、伝統的な日本の木の床を海として見立てて描くことでした。僕の絵がこの映画が世界に広がるのに、少しでも役に立てば嬉しいです』と談話を寄せられている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.