1993年.より.日本で開催されているフランス映画祭が今年も開催。26回目となる今年は2005年以来、13年ぶりに横浜での開催となる。このフェスティバル・ミューズに女優・常盤貴子が決定した。

13年ぶりの横浜開催で、地元出身の常盤が映画祭を盛り上げる

2006年.からは場所を横浜から東京に移して開催されていていた「フランス映画祭」だが、26回目となる今年は13年ぶりに横浜での開催(期間:6月21日(木)~24日(日)の4日間)。今年もフランスを代表する豪華映画俳優や監督が来日を予定、全て日本未公開のフランス映画を楽しめる、フランス映画ファン必見の映画祭。今年は日仏交流160周年で、フランスとも親交が深い街、横浜での待望の開催となる。フェスティバル・ミューズに決定した常盤は横浜出.身でもあり、何度もフランスを訪れたことのある親仏家。そんな彼女が映画祭を盛り上げる。

■常盤貴子コメント
『映画は学校では教えてくれない多くの.大切.なことを、いつも、私たちに教えてくれます。フランス映画は私にとって、ファッション、メイク、ライフスタイルなどにおいて、教科書のような存在でした。映画の老舗国でもある「フランス映画」の祭典を催してくださるというのは、一人のフランス映画ファンとして、とても嬉しいことですし、私が育った街・横浜市での開催とあれば、こんなに誇らしいことはありません。皆さんの、忘れられない.一本に出会えますように』

フランス映画祭2018
Festival du film francais au Japon 2018 開催概要
..期間:2018年6月21日(木)~6月24日(日)
..会場:みなとみらい地区中.心に開催(横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらい),主催:ユニフランス
上映作品などは近日発表。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.