世界的に有名な絵本のピーターラビットが生きてここにいる! イギリスで公開するや4週連続No.1の大ヒットとなっている『ピーターラビット』(ソニー・ピクチャーズ配給)が2018年5月18日(金)日本公開。この度、ピーターたちウサギと動物たちが歌って踊る<ミュージカル編特別映像>が解禁された。

このウサギ、こう見えてスゴイんです!“本物の”ピーターラビットは、カワイイだけじゃない

青いジャケットがトレードマークのピーターが「僕はピーターラビット」と自己紹介をして本作のテーマソング「I Promise You」(アイ・プロミス・ユー)を歌い始める♪歌っているのはピーターの声を演じる英俳優ジェームズ・コーデン。ピーターと三つ子の妹フロプシー(声:マーゴット・ロビー)、モプシー(声:エリザベス・デビッキ)、カトンテール(声:デイジー・リドリー)、そしていとこのベンジャミンの5匹が縦に並んでフォークダンスを踊りながら入っていくのはマグレガーさんの庭。庭には色とりどりに実ったにんじんやパプリカなどが植えられた野菜畑があり、忍び込むのも「スリル満点」と歌っている。緑豊かな湖水地方の草原を、ウサギたちは大親友のビア(ローズ・バーン)と一緒に走り回り、空に飛ぶ鳥たちも歌い始める。こんな楽しい毎日が続くと思っていたところに、動物嫌いで潔癖症なマグレガーさん(ドーナル・グリーソン)と大好きなビアが急接近!ふたりの距離が縮まっていく様子を見てピーターは「ドアは閉まり 愛は痛みに変わる」と歌いせつない表情を垣間見せる一面も……
それでも湖水地方でともに生きる様々な動物たちと一緒に、ピーターらウサギたちはくるくるっとスピンしたり、ジャンプしたり、思い思いのダンスをしながら「どんな門も どんな壁も僕らを引き裂けない」と小さな体に秘められたメッセージを歌い上げる。最後に息の合ったウサギ5匹で踊るシーンでは、愛らしい耳とキラキラした目でまるで花が咲いたような振り付けにも注目!まさに動物たちが奏でるミュージカルのような心躍るシング&ダンスを繰り広げる、愛らしさ100%の映像となっている!

画像: 映画『ピーターラビット』ミュージカル編特別映像「I Promise You」 youtu.be

映画『ピーターラビット』ミュージカル編特別映像「I Promise You」

youtu.be

監督はミュージカル映画『ANNIE/アニー』などで洗練されたコメディセンスとエッジの利いた音楽で定評のあるウィル・グラック。今回は、自然の色鮮やかな草花に囲まれた素朴でうっとりするような風景をバックに、心躍る音楽を散りばめ、クスッと笑えてラストには胸がキュンとする全女性必見の愛らしいドラマを創り上げた。ビアを演じるのは『ANNIE/アニー』のローズ・バーン、マグレガーを演じるのは『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』主演や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のハックス将軍を演じるドーナル・グリーソン。そして、ピーターの声は俳優としては『はじまりのうた』『イントゥ・ザ・ウッズ』、さらには米・人気トーク番組「ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン」で司会を務める英俳優ジェームズ・コーデン。そしてフロプシー、モプシー、カトンテール姉妹やいとこのベンジャミンなどおなじみの仲間のウサギたちのCGIは天才集団Animal Logicが手掛け、表情や動きが最高にかわいらしくリアルに描かれる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.