「IT/イット "それ"が見えたら、終わり。」のスティーヴン・キング原作の同名ホラーを新たに映画化する「ペット・セメタリー」Pet Semataryに新情報。

「猿の惑星:新世紀」のジェーソン・クラークが出演する。田舎に引っ越して来た一家の幼い息子が交通事故で死に、父親は、埋めると死者が蘇ると言われる場所に息子を埋葬することを考える。監督はホラー・オムニバス「ホリデーズ」収録「バレンタインデー」のコンビ、ケヴィン・コルシュ&デニス・ウッドマイヤー。脚本は「トゥルー・ストーリー」のデーヴィッド・カイガニック他。製作はパラマウント・ピクチャーズ、アルファヴィル・フィルムズ他。19年4月19日全米公開。
この小説はかつて89年にメーリー・ランバート監督が、デール・ミッドキフ主演で映画化してヒット。92年に続編「ペット・セメタリー2」も製作された。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.