1955年~ニューヨーク大学/ニューヨーク市立大学と立て続けに中退したウディ・アレンが、プロとして初めて<ウィリアム・モリス・エージェンシー>と交わした歴史的なコントラクト(契約書/表裏面に直筆サイン)。ウィリアム・モリス・エージェンシーの契約事項とは別に、NBCに関する特約事項も別途加えられている。期間は1年間(1955年12月―1956年12月)で、ウディ・アレンはこの契約を機に、一気に頭角を現していくことになる。当初は、コメディライター兼放送作家という肩書きだったが、売れっ子になったことがプレッシャーとなり精神的に病んだことも。1960年代に入ってからは、逆に自らがスタンダップコメディアンとして舞台に上がることで、ニューズウィークやニューヨークタイムスが高評価を連発。それをきっかけに、映画界への進出を果たした。

一般のファンだけでなく、世界中の俳優やエンターテイナーからも愛されるウディ・アレン――今日、その関連私文書は、ウディ・アレンのコメディアン~映画人としての経歴を語る上で、非常に貴重な資料となる。

*本商品は、販売対象商品ではございません(購入不可)

SCREEN GALLERY COLLECTIONでは撮影に実際に使用されたプロップや衣装、プロモーション用に製作された非売品など、滅多にお目にかかれない貴重なムービーグッズを多数展示しております。
ここでしか見られないお宝をお楽しみください!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.