1949年にロンドンで上演されたセシル・ランドーのプロデュ―スによるミュージカル「Sause Tartare」で、5人出演するダンス・ガールの一人に抜擢されたオードリーが衣装デザイナーに宛てたお礼のオートグラフ。この衣装デザインをとても気に入っていたオードリーの感謝のメッセージが綴られている。
 スチール写真(「Sause Tartare」)は、イギリスのカメラマン、アントニー・ボウチャンによる特写。彼(ボウチャン)は、カメラマンとして誰よりも早くオードリーの将来性を確信し、単独でのスタジオ撮影を行っていた。
オードリーが自身のスチール写真へ記したオートグラフとしても、現存する中で最も初期(1949年)のものとなる。

画像: オードリー・ヘプバーン(「Sause Tartare」)/直筆オートグラフ(ヴィンテージ)

*本商品は、販売対象商品ではございません(購入不可)

SCREEN GALLERY COLLECTIONでは撮影に実際に使用されたプロップや衣装、プロモーション用に製作された非売品など、滅多にお目にかかれない貴重なムービーグッズを多数展示しております。
ここでしか見られないお宝をお楽しみください!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.