R18指定にも関わらず大ヒットを記録した『お嬢さん』(パク・チャヌク監督作/2016年)で、妖しくミステリアスな令嬢・秀子役を演じ、衝撃のラブシーンにも堂々と挑み国際的に評価された女優キム・ミニ。彼女が主演を務める新作『それから』が6月9日から公開されるのを記念して、『お嬢さん』が限定上映されることが決定。日本で2週間しか上映されていなかったスペシャル・エクステンデッド版だ。
画像: 映画『お嬢さん』予告 www.youtube.com

映画『お嬢さん』予告

www.youtube.com

通常本編より 24 分間長い「スペシャル・エクステンデッド版」での公開

モデル出身の抜群のスタイルとユニークな顔立ちが印象的で、ファッションリーダーとしても女性から絶大な支持を受けているキム・ミニ。中学生の頃からモデルとして活動した後、90年代末からテレビドラマと映画で女優としての活動をはじめ、現在は37歳。意外に長いキャリアの中で、2012 年に出演した宮部みゆきの原作を映画化した『火車 HELPLESS』の演技が称賛され、パク・チャヌク監督の目に留まったことで主演した『お嬢さん』の演技が、国際的に高く評価され数々の受賞に輝いた。

現在では、カンヌ・ベルリン・ヴェネチアなど世界の映画祭が絶賛する名匠ホン・サンスの新たなるミューズとして、その存在感を確固たるものとし、既にホン・サンス監督作で5作品の主演をとつめている。

画像: 『それから』

『それから』

画像: 映画『それから』予告編 www.youtube.com

映画『それから』予告編

www.youtube.com

6/9より公開される『それから』は 第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され話題となった、名匠ホン・サンス監督最新作。キム・ミニは、妻に浮気を疑われ、窮地に立たされている社長ボンワン(クォン・ヘヒョ)が経営する出版社に勤めることになった女性アルムを演じている。愛人騒動を通して男と女の可笑しみを描く人間ドラマだ。

これを皮切りに、名匠ホン・サンスと女優キム・ミニが組んだ作品が一挙に公開。6/16(土)より 『夜の浜辺でひとり』、6/30(土)より『正しい日 間違えた日』、7/14(土)より『クレアのカメラ』がロードショーとなる。

そしてこのたび、キム・ミニ主演の大ヒット作『お嬢さん』のスペシャル・エクステンデッド版が 6/2(土)~8(金)にヒューマントラストシネマ渋谷にて限定上映されることが決定。

『お嬢さん』は、「このミステリーがすごい!」で第1位を獲得したサラ・ウォーターズの「荊の城」を『オールドボーイ』の奇才パク・チャヌクが大胆に映像化したエロティックサスペンス。キム・ミニ演じる美しく純真なお嬢さま・秀子、その財産を狙う詐欺師と侍女の3人が、極限の騙し合いを繰り広げ、誰が騙し騙され、誰が愛されたのか――― 先の読めない物語展開と華麗で過激な官能に誘惑される、驚きと快感の映画体験が味わえる。今回は、監督自らが再編集を手掛け、通常本編より24分間長くなっている「スペシャル・エクステンデッド版」での公開となる。

ホン・サンスとパク・チャヌク。全く違う2大巨匠の映画で、異なる魅力を見せるキム・ミニ。そのたぐいまれなる女優力を原点から堪能できる貴重な機会だ。

それから
6/9(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
配給:クレストインターナショナル
© 2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.