高学歴で優秀な頭脳を持つ人々が、能力に合った職を得ることが出来ず社会の片隅に追いやられ、その能力を使って犯罪に手を染め、リベンジを開始したら? 監督シドニー・シビリアが目にとめた記事を基に、脚本も執筆したコメディー。出演はエドアルド・レオ、ルイジ・ロ・カーショら。
画像: 落ちこぼれインテリ軍団の活躍を描く痛快コメディー
「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」5月26日公開

人気風刺コメディーの第2弾

高学歴で優秀な頭脳を持つ人々が、能力に合った職を得ることが出来ず社会の片隅に追いやられ、その能力を使って犯罪に手を染め、リベンジを開始したらどうなるか? イタリアの気鋭監督シドニー・シビリアが目にとめた記事を基に、脚本も執筆したコメディーのシリーズ第2弾(第1弾「~7人の危ない教授たち」は6月開催の特集上映”Viva!イタリアvol.4”で公開)。出演はエドアルド・レオ、ルイジ・ロ・カーショ、グレタ・スカラーノら。

画像: 人気風刺コメディーの第2弾

10人の教授が警察に協力してドラッグ蔓延を阻止!

神経生物学者のズィンニ(レオ)とその同僚たちは、生き延びるため、超絶合法ドラッグ精製に手を染めた結果、警察に逮捕された。だが今度は警察がそんな彼らを必要とする事態に。コレッティ警部(グレタ)は服役中のズィンニに、犯罪歴を抹消する代わり、ドラッグ蔓延を防ぐための特別ミッションを依頼してきた。これを受けたズィンニの呼びかけで、英知を持ちながら不遇な運命にあったユニークな7人のドラッグ製造チームが再結集。新たに海外に頭脳流出していた優秀な研究者もリクルートして、10人の新チームが結成された。

画像: 10人の教授が警察に協力してドラッグ蔓延を阻止!

果たして彼らの任務は成功するのか?

ズィンニたち落ちこぼれインテリは、30種類のスマートドラッグ撲滅に向けて数々の任務を遂行していくが、大物“ソポックス”だけにはたどり着けなかった。学者たちは知性を絞って大物追跡を敢行するが、予期せぬ事態が彼らを待っていた。

画像: 映画『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』予告編 www.youtube.com

映画『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』予告編

www.youtube.com

「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」
監督/シドニー・シビリア
出演/エドアルド・レオ、ルイジ・ロ・カーショ、グレタ・スカラーノ
5月26日公開/シンカ配給
©2017 groenlandia srl / fandango srl

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.