昨年・一昨年と開催され、韓国映画ファンのみならず映画ファンをも虜にした特集上映“反逆の韓国ノワール”が今年も開催決定。6月30日よりシネマート新宿・心斎橋にて開催される。切なく重く、匂い立つ程の描写が観る者を魅了し、むき出しの感情が観る者の心を動かす韓国ノワール。今年の“反逆の韓国ノワール”では強烈な刺激が待ち受ける2作品を上映する。

韓国の闇に葬られてきた汚職事件を描く実録サスペンス『一級機密』

一作目は、韓国の闇に葬られてきた汚職事件を描く実録サスペンス『一級機密』。軍隊に所属していたパクは、念願の国防部への異動になる。軍需本部の航空部品購買課の課長として就任し、エリートコースを歩み始めたパクの前途は揚々だった。しかし、過去の部品購入履歴を調べるうちに、エアスター社という企業からの独占的な取引を見つける。さらに、エアスター社の部品の欠陥をパクに申告していた操縦士のカンが、任務中に墜落事故を起こす。パクは事故の原因を調べようとするが、同僚たちはパイロットの過失で処理してしまう。パクは、一連の疑惑を上司のチョンに報告するが、逆に圧力をかけられてしまう。未だ生死をさまようカンの容態を見たパクは、記者のジョンスクに接触し調査を進めるが…。

一級機密
【CAST】キム・サンギョン「殺人の追憶」、キム・オクビン「悪女/AKUJO」、チェ・ムソン「悪魔を見た」、チョン・イル「太陽を抱いた月」、チェ・グィファ「犯罪都市」
【STAFF】監督:ホン・ギソン「イテウォン殺人事件」
英題:The Discloser/2017年/韓国語/カラー/101分/シネスコ
ⓒ2018 Little Big Pictures All Rights Reserved

画像: 『一級機密』 ⓒ2018 Little Big Pictures All Rights Reserved

『一級機密』 ⓒ2018 Little Big Pictures All Rights Reserved

「極秘捜査」の監督と実力派キャストが集結した『黄泉がえる復讐』

二本目は「友へ チング」「極秘捜査」の監督と実力派キャストが集結した『黄泉がえる復讐』。世界を騒然とさせた「犠牲復活者」。それは、何者かに殺された人間が、その犯人に報復すべく生き返るという。そして、復讐を果たすとその身は再び消滅する。この驚くべき現象が、各地で報告されていた―。7年前、ジンホンの母ミョンスクが強盗に殺害された。犯人とみなされる男は死亡し、警察の捜査は終了。しかし、その後検事となったジンホンは、真犯人は他にいるとみて独自で調査を続けていた。そんな中、ジンホンが自宅に戻ると、死んだはずの母ミョンスクが現れ、突然包丁を振りかざしジンホンに襲い掛かって来た。当局により保護されたミョンスクは「犠牲復活者」と判断され、襲われたジンホンに母親殺害の容疑がかけられるが…。

黄泉がえる復讐
【CAST】キム・レウォン「江南ブルース」、キム・ヘスク「お嬢さん」、ソン・ドンイル「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」、チョン・ヘジン「王の運命―歴史を変えた八日間―」
【STAFF】監督・脚本:クァク・キョンテク「友へ チング」「極秘捜査」
英題:RV: Resurrected Victims/2017年/韓国語/カラー/92分/シネスコ
ⓒ2017 SHOWBOX, S.I.G FILM AND BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED.

画像: 『黄泉がえる復讐』 ⓒ2017 SHOWBOX, S.I.G FILM AND BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED.

『黄泉がえる復讐』 ⓒ2017 SHOWBOX, S.I.G FILM AND BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED.

反逆の韓国ノワール
6月30日(土)よりシネマート新宿・心斎橋より公開
配給:「反逆の韓国ノワール2018」上映委員会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.