厳寒のシエラネバダ山脈で遭難したエリック・ルマルクの実話をもとにしたサバイバル衝撃作『マイナス21℃』が7月21日(土)より新宿シネマカリテ他全国順次公開されることが決定。主人公エリックにはジョシュ・ハートネットが扮している。

主演ジョシュ・ハートネットは食事制限をして体当たりの熱演

本作の主人公は元プロアイスホッケー選手のエリック・ルマルク(ジョシュ・ハートネット)。シエラネバダ山脈でスノーボードをしていた彼は、その最中に道に迷い遭難してしまう。

食べ物や水も無く、山岳装備もない中で、夜は氷点下となる極限状態。低体温症、空腹、野生のオオカミ、凍傷、脱水症状と困難が次々とエリックに襲い掛かる…。息子と連絡が取れず異変に気付いた母・スーザン(ミラ・ソルヴィノ)が救助隊に捜索を依頼するが、体力気力ともに限界を迎えたエリックは、幻覚を見ながら生命の危機に追い込まれていく。

主人公エリックを演じるジョシュ・ハートネットはよりリアリティを追及するため食事制限をした上で厳寒の雪山での撮影に挑み、その体を張った演技で観る者を壮絶な雪山の孤独へと引きずり込んでいく。メガホンを撮るのは『Variety』誌が選んだ、注目すべき10人の監督に選出された気鋭のスコット・ウォー。

あなたにも起こりうる、すぐ隣にある雪山の恐怖。サバイバル史に残る壮絶な8日間がいま始まる!

マイナス21℃
7月21日(土)新宿シネマカリテ他全国順次公開
配給:松竹メディア事業部
©2016 Six Below LLC.All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.