「アムステルダム」でブッカー賞を受賞し、数多くの話題作を生み出しているベストセラー作家イア
ン・マキューアンの小説「初夜」を、シアーシャ・ローナン主演で映画化した『追想』が8月10日(金)より TOHO シネマズシャンテ他にて公開。このたびポスタービジュアル&予告編が完成した。

初夜に起きたある出来事が原因で運命が狂ってしまう男女の心情

画像: 映画『追想』予告編 youtu.be

映画『追想』予告編

youtu.be

主人公となるのは、結婚式を終えたばかりの 20 代前半の夫婦。初夜に起きたある出来事が原因で運命が狂ってしまう男女の心情が、繊細かつ緊迫感を持って描かれている。美貌と才能に恵まれながらも、心に闇を抱えるバイオリニストのフローレンス。そして、夫となる歴史学者を目指す純朴な青年のエドワード。愛するがゆえに生まれてしまうすれ違い。胸を締め付けられるような切なさと共に、最後には静かな波のような感動が押し寄せてくる新たなラブストーリーだ。

主演を務めるのは『ブルックリン』や『レディ・バード』といった話題作に立て続けに主演し、24 歳にしてアカデミー賞®の常連といわれるシアーシャ・ローナン。若手女優の筆頭として目覚ましい活躍を見せる彼女が、現代のイギリス文学が誇る新たな傑作として長年映画化が熱望されていたブッカー賞作家イアン・マキューアンの「初夜」に挑む。大ヒット作『つぐない』以来となるシアーシャとイアンの組み合わせにも注目が集まっているが、今回は原作者自らが脚本を手掛け、新たな解釈を加えた展開も見逃せない。

監督は、BBC ドラマ「嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~」を手がけた舞台演出家・脚本家のドミニ
ク・クック。今回が長編映画初となる。シアーシャの相手役には新進気鋭のイギリス人俳優ビリ
ー・ハウル。2016 年のプラダ春夏メンズウェアのモデルとしても起用され、シアーシャとは、チェ
ーホフの「かもめ」の映画化『The Seagull』(原題)でも共演している。

このたび解禁された予告編では、恋人だった 2 人が将来の夢を語るシーンから始まり、運命の出会い、初デート、対照的に異なる家庭環境を乗り越えるシーンなどの 2 人の軌跡を追想する。そしてついに結ばれ初夜を迎えた時、運命の歯車が狂いだしてしまう。たった一日で終わってしまった 2 人の結婚の裏には何があったのか―? 最後に映し出される“一生忘れられない恋だった”というキャッチコピーが印象的だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.