J・J・エーブラムズが、50年代に活躍した俳優2人、アンソニー・パーキンスとタブ・ハンターの同性愛関係を描く「タブ&トニー」Tab & Tony の製作を務める。

製作にはカミングアウトしている「スター・トレック」シリーズのザッカリー・クィントも参加する。日本でもファンが多かったパーキンズは「渚にて」(59)「サイコ」(60)など、ハンターは「果てしなき決斗」(56)「くたばれ!ヤンキース」(58)などの当時を代表する人気俳優だが、その頃は同性愛が社会的に認められていなかったので、2人はその関係を周囲から隠していた。
企画は初期段階で、監督も俳優も未定だが、50年代を背景に、同性愛者たちの葛藤を描く作品になるとのこと。脚本は「クイルズ」のダグ・ライトが執筆する。製作はパラマウント・ピクチャーズ他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.