海外ドラマファンの方は、WOWOW利用者も多いのでは?この夏イチオシの2作「サルベージョン」と「インスティンクト」はもうチェック済みでしょうか。まだの方、ちょっと耳にはしたけどどのあたりが話題かふわっとしている方、ぜひご一読を。

サルベージョン - 地球(せかい)の終焉 -

180日後に小惑星が地球に衝突の危機!人類滅亡率は97%!

画像: 180日後に小惑星が地球に衝突の危機!人類滅亡率は97%!

地球に向かって小惑星が接近、180日後には地球に衝突すると予測される。人類が滅びる確率は97%以上!大作映画に匹敵するスーパースケールのSFサスペンス。

マサチューセッツ工科大学(MIT)で天体物理学を学ぶリアム(チャーリー・ロー)は、ある小惑星が地球に向かっているという事実に気づき、カリスマ的な科学者ダリウス(サンティアゴ・カブレラ)に警告。

ダリウスは地球から160人脱出させて火星に移住させれば人類は絶滅を回避できると考えるが、リアムや国防総省のグレース(ジェニファー・フィニガン)は人類全体を救うべきだと主張し、ダリウスと対立する。その間にも、小惑星衝突の瞬間は刻一刻と迫り続ける…

人類の運命をめぐる壮大なストーリーに加えて、小惑星接近のことを知る人々が次々と姿を消すという、ポリティカルなミステリーを並行して展開。絶対に次のエピソードが見たくなるスリリングなノンストップドラマだ。

ここが話題1:「トランスフォーマー」の人気脚本家が製作

画像: ここが話題1:「トランスフォーマー」の人気脚本家が製作

「トランスフォーマー」「スター・トレック」などの大ヒット映画シリーズに参加してきた売れっ子脚本家、アレックス・カーツマンが製作総指揮を務め、「HAWAII FIVE-0」のスタッフと組んだのも話題。

全米CBSネットワークで昨年7-9月に放送されて安定した視聴者数を獲得し、すでにシーズン2への継続が決まっている。

ここが話題2:英国からアジアまで国際的なキャスト

画像: ここが話題2:英国からアジアまで国際的なキャスト

キャストは多彩で、イギリス出身のチャーリー・ロー、ベネズエラ出身のサンディアゴ・カブレラ、カナダ出身のジェニファー・フィニガン、アメリカ人と日本人のハーフで「THE EVENT/イベント」などに出演してきたイーアン・アンソニー・デール(グレースの上司ハリス役)など。ワールドワイドの対策にふさわしい顔ぶれだ。

サルベージョン - 地球(せかい)の終焉 -
WOWWOWにて、2018年7月1日より毎週日曜16:00〜ほか、4週連続全13話一挙放送

INSTINCT/インスティンクト

元CIAの真理教授が女性刑事とコンビをこくんで異常犯罪に挑む

画像: 元CIAの真理教授が女性刑事とコンビをこくんで異常犯罪に挑む

ニューヨークを舞台に、心理学の恐怖ディラン・ラインハート(映画界でも活躍するアラン・カミング)と女性刑事リジー(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)がコンビを組んで難事件に挑む、ユニークな犯罪ミステリー。

犠牲者のそばにトランプのカードが置かれる異常な連続殺人事件が発生。犯人がラインハートの著書を読んでいると考えたリジーは、ラインハートに捜査への協力を依頼。異常行動分析の専門家であるラインハートだが、実は元CIAエージェント。鋭い観察眼と推理力を持っており、リジーの強い味方になっていく。

バイセクシャルをカミングアウトしているカミングが演じるラインハートはゲイという設定で、これは大胆かつ斬新と全米放送開始時、大きな話題に。そしてリジー刑事はあるつらい体験を過去にしている。

男女コンビが犯罪の真相究明に挑むミステリーはアメリカ・ドラマ界のお家芸ともいえるが、ラインハートとリジーの名コンビぶりは見ものだ。

ここが話題1:人気作家のベストセラーが原作

画像: ここが話題1:人気作家のベストセラーが原作

原作者は1997年の映画「コレクター」やドラマ「暴走地区-ZOO-」の原作者としても知られる全米ベストセラー作家ジェームズ・パターソン。

彼自身、ドラマ「キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜」に本人役でなんども出演しており、TVドラマが大好きなようだ。彼ならではのユニークな人物造形を堪能したい。

ここが話題2:A・カミングの人間味あふれる演技に注目

画像: ここが話題2:A・カミングの人間味あふれる演技に注目

演劇界でトニー賞に輝き、映画界では「スパイキッズ」シリーズ、ドラマ界では「グッド・ワイフ」などで活躍してきた主演男優カミング。

第1話を「アメイジング・スパイダーマン」2部作のマーク・ウェブが監督した本作では、ゲイのラインハート役を人間味たっぷりに演じ、新たな代表作にしようという意気込みを感じさせる。

INSTINCT/インスティンクト
WOWOWにて2018年8月9日より毎週木曜23:00〜ほか

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.