1967年の第1作から50年以上のキャリアを持ち、アメリカを代表するドキュメンタリー監督として、世界中から尊敬されている巨匠フレデリック・ワイズマン。その記念すべき第40作目で、第28回東京国際映画祭で上映されて好評を博した本作が『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』の邦題で、10月イメージフォーラムを皮切りに全国順次公開されることが決定した。

長年にわたりアメリカを観察し、記録し続けてきた監督の面目躍如たる作品

画像: 長年にわたりアメリカを観察し、記録し続けてきた監督の面目躍如たる作品

今回ワイズマンが描いたのは、ニューヨーク、クイーンズにある町、ジャクソンハイツ。通りを歩けば英語以外の言葉がたくさん聞こえる。世界中からの移民とその子孫が暮らし、167もの言語が話され、マイノリティが集まり、エスニックな味と多様な音楽があふれる町だ。「ここがニューヨーク?」と聞きたくなるが、実はニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町なのだ。その理由は? そして今、その町のアイデンティティーが危機に瀕しているとしたら?

教会、モスク、シナゴーグ、レストラン、集会、コインランドリー…。地域のボランティア、セクシャル・マイノリティ、不法滞在者、再開発の波にのまれる商店主たち…。ワイズマン監督の視線はジャクソンハイツという町のあらゆる場所、あらゆる人に向けられている。What is ニューヨーク?What is アメリカ?  ひとつの町から、そんな問いかけも見えてくるワイズマン流“町ドキュメンタリー”。

ワイズマン監督はこれまで何度も特集上映が開催され、日本にも多くのファンを持つが、劇場公開された作品は『パリ・オペラ座のすべて』『クレイジー・ホース』『ナショナル・ギャラリー英国の至宝』など、舞台やアートに関わる作品のみ。長年にわたりアメリカを観察し、記録し続けてきた監督の面目躍如たる作品が劇場公開されるのは初となる。町がもつエネルギーと多様性を表現したカラフルなアートワークのポスタービジュアルにも注目だ。

child-film.com/Jackson

ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ
10月、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
配給:チャイルド・フィルム/ムヴィオラ
©️2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.