『猫が行方不明』『スパニッシュアパートメント』の、セドリック・クラピッシュ監督、4年ぶりの新作『おかえり、ブルゴーニュへ』が2018年11月17日公開。予告編とポスターが解禁となった。

クラピッシュ自身のキャリア12作目にして初めて田舎を舞台に自然撮影に挑む

『スパニッシュ・アパートメント』(01)、『ロシアン・ドールズ』(05)、『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』(13)からなる〝青春三部作″の完結から4年。都会を舞台に、ごくありふれた人々とその日常を活き活きと軽妙に、そしてあたたかなまなざしで映し出してきた現代フランスを代表する人気監督セドリック・クラピッシュ。本作では自身のキャリア12作目にして初めて田舎を舞台に自然撮影に挑み、四季折々の美しいブドウ畑を映し出した。

画像: 『お帰り、ブルゴーニュへ』のポスター

『お帰り、ブルゴーニュへ』のポスター

本予告では、故郷であるフランス・ブルゴーニュを飛び出した長男ジャン(ピオ・マルマイ)が、父親が危篤状態であることを知り、10年ぶりに家族の元へ戻ってくるシーンから始まる。ドメーヌと呼ばれる、自ら葡萄畑を所有し、栽培・醸造・瓶詰を一貫して行うワイン生産を営む実家での退屈な暮らしから逃れるために故郷を飛び出した。老いた父の看病をしながら家業のドメーヌを継ぐ妹ジュリエット(アナ・ジラルド)、別のドメーヌの婿養子となった弟ジェレミー(フランソワ・シビル)らと久々の再会を果たしブドウの収穫を始めるが、ほどなく父親は亡くなり、幸せな再会は一瞬で終わってしまう。

画像: 11月17日公開『おかえり、ブルゴーニュへ』日本版予告編 youtu.be

11月17日公開『おかえり、ブルゴーニュへ』日本版予告編

youtu.be

悲しむ間も無く「問題はワイン造りより相続制の支払い」「畑を手放すしか手は無い」とシビアな現実を突きつけられる三兄妹。しかもそれぞれに個別の問題も抱えており、ブドウ畑の中で別居中の妻からの電話対応に追われるジャン、「女はワインを造れない?」と悩むジュリエット。「兄貴だけまた勝手に出ていくと?」と兄を責めるジェレミーなど、ブドウ畑で移り変わる美しい四季やワイン製造の過程などとともに熟成を重ねていく人々の愛おしい日々と感情を切り取っていくものとなっている。

『おかえり、ブルゴーニュへ』
11/17(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督:セドリック・クラピッシュ『猫が行方不明』『スパニッシュ・アパートメント』
脚本:セドリック・クラピッシュ、サンティアゴ・アミゴレーナ
出演:ピオ・マルマイ、アナ・ジラルド、フランソワ・シビル
配給:キノフィルムズ/木下グループPG-12
©2016 - CE QUI ME MEUT- STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.