バレエ界の鬼才マシュー・ボーンが演出・振付を務めた「Mattew Bourne’s Cinderella」(原題)が、邦題『マシュー・ボーン IN CINEMA/シンデレラ』 として、11 月 3 日(土)より YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開されることが決定。話題のロンドン公演が遂にスクリーンで見られることになる。

名作「シンデレラ」の舞台を第 2 次世界大戦下のロンドンに大胆アレンジ

画像1: 名作「シンデレラ」の舞台を第 2 次世界大戦下のロンドンに大胆アレンジ

ローレンス・オリヴィエ賞を 5 回受賞、トニー賞の優秀振付賞と最優秀ミュージカル演出賞の両方を受賞した唯一のイギリス人、マシュー・ボーン、そして、トニー賞最優秀衣裳デザイン賞を受賞したレズ・ブラザーストン。バレエ界の最強タッグが次に手掛けるのは、世界で最も古い童話の一つ 「シンデレラ」。世界中に様々なバリエーションが派生した名作を、新解釈に大胆アレンジした。

時代設定はなんと第 2 次世界大戦下のロンドンに! セルゲイ・プロコフィエフの名曲の魅力が活かされ、斬新かつスリリングで刺激的なラブストーリーに仕上がった。

マシュー・ボーンはこれまで、日本でも話題となった白鳥役を全員男性が演じた『白鳥の湖』をはじめ、『眠れる森の美女』や『くるみ割り人形』のように、童話という古典作品をユニークな手法を用いて演出してきた。

今作は第二次世界大戦の真っ只中、ある魔法のような夜に起こった、シンデレラと1人の若いイギリス空軍のパイロットの物語。出会って瞬く間に、2 人は恋に落ちていた―。時をおなじくして、ドイツ・ナチス軍による大空襲により、ロンドンが恐怖で脅かされ、運命によって結ばれたはずの 2 人は引き裂かれるのだった。まさに真の戦時ロマンスが本作で描かれている。

画像2: 名作「シンデレラ」の舞台を第 2 次世界大戦下のロンドンに大胆アレンジ

劇場公開に併せて、本作のポスタービジュアルも完成。まるで明日がないかのように慌ただしかった第二次世界大戦下を連想させる背景は暗くロマンティックなトーンを演出している。そんな中に眩いドレスをまとったシンデレラと、イギリス空軍のパイロットが抱き合う姿は、童話と戦争という世界観のギャップを無くし、今までにない異色の世界観を表現したビジュアルとなった。

マシュー・ボーン IN CINEMA/シンデレラ
11 月 3 日(土) YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開
配給:東北新社 クラシカ・ジャパン
© Illuminations and New Adventures Limited 2017.
©Johan Persson

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.