2018年、ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が 11 月 23 日(金・祝)から全国公開。この度、最新作のメイキングやキャストコメントが入った特別映像が解禁される運びとなった。

エディー・レッドメイン、ジュード・ロウのコメントも到着

世界中で約 900 億円の興行収入をたたき出し、日本でも 73.5 億円の大ヒットとなって魔法のような“ファンタビ”現象を巻き起こした『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。新作『黒い魔法使いの誕生』では、主人公のニュートとその仲間たち、ティナ、クイニー、ジェイコブはもちろん、ジュード・ロウが演じるニュートの恩師・ダンブルドア先生や、ジョニー・デップが演じる最強の敵・グリンデルバルドが登場するなど、さらにパワーアップした作品となっている。魔法界に迫るかつてない最大の危機にニュートたちはどう立ち向かうのか?

画像: ジュード・ロウ

ジュード・ロウ

この度、最新作のメイキングやキャストコメントが入った特別映像が解禁する運びに。最新作では「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみのホグワーツ魔法魔術学校が登場することでも話題を呼んでいるが、この度公開された映像でも「ハリー・ポッター」シリーズから続くロケ地での、ホグワーツ魔法学校の撮影風景が映しだされている。またシリーズの生みの親であるJ・K・ローリングの「ホグワーツに戻りたかったの。」というコメントや、主演のエディー・レッドメーンが「ハリー・ポッターシリーズで記憶に残る名前や歴史が『ファンタビ』最新作にも織り込まれている!」と興奮気味に語る様子からも、本作で久しぶりに登場するホグワーツ魔法学校への期待が膨らむ映像となっている。

画像: ホグワーツも久びさに登場

ホグワーツも久びさに登場

合わせて解禁となったのは、主人公ニュートを演じるエディーと、最新作から初登場となる「ハリー・ポッター」シリーズ屈指の人気キャラクター、ダンブルドアを演じるジュード・ローのコメント。映像ではホグワーツでの撮影について、ジュードは「撮影までは平気だった。脚本も読んだし、冷静に受け止めていた。でも当日、教室に入った途端に―圧倒されてしまったんだ。生徒のほうが僕よりはるかに冷静に見えた。教師初日の緊張はすごかったよ。それが映画に出ていないといいけど…でも素晴らしかったんだよ。ホグワーツが僕たちの心の奥底に残っていたから大丈夫だった。予告編を見て、僕はほかの皆と同じようにワクワクしたんだ。」と緊張と興奮を語る。

エディーはニュートのボグワーツ魔法学校の学生時代のことについて言及。「ニュートは、ホグワーツにもなじまず、浮いている。でもダンブルドアは彼の個性を見ている。情熱をもった子供なんだ。ふたりには絆がある。でもホグワーツ時代のニュートはアウトサイダーだ。魔法動物に夢中になっている。若いニュートの素晴らしいシーンがあって―」とニュートとダンブルドア先生の関係について明かした。映画の公開がますます待ち遠しくなるファンが続出しそうだ。

画像: 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』フィーチャレット映像【HD】2018年11月23日(金・祝)公開 youtu.be

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』フィーチャレット映像【HD】2018年11月23日(金・祝)公開

youtu.be

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.