1990年5月、「シザーハンズ」のロケ(野外撮影)地として訪れたフロリダ郊外で、ティム・バートン監督本人が描いた直筆原画(ドローイング)。
ティム・バートンは、撮影の合間に主人公であるエドワードのドローイングを、演ずるジョニー・デップをイメージしながら数点描いた。
製作年(リアルタイム)の残存するプロダクション・アイテムとしても今や滅多なことでは入手できない、貴重な逸品。
サイズ:額サイズ(たて:約440mm よこ:約350mm)

画像1: 「シザーハンズ」
ティム・バートン監督直筆 ドローイング(1990年)
画像2: 「シザーハンズ」
ティム・バートン監督直筆 ドローイング(1990年)
画像3: 「シザーハンズ」
ティム・バートン監督直筆 ドローイング(1990年)

*本商品は、販売対象商品ではございません(購入不可)

「シザーハンズ」作品プロフィール

ティム・バートン監督&ジョニー・デップ主演コンビの代表作にして、二人が運命的な出会いを果たした記念すべきSFファンタジー。
はさみの手を持つ人造人間と人間の女性の悲恋をユーモアと感動を織り交ぜて描く。
この作品で初顔合わせをしたティム・バートンとジョニー・デップは、互いに意気投合し、その後も「エド・ウッド」「スリーピー・ホロウ」「チャーリーとチョコレート工場」「コープス・ブライド」・・・と、お互いの感性を刺激し合う話題作を続々世に送り出している。
「シザーハンズ」の映像と音楽の素晴しさに触発された振付師のマシュー・ボーンが、ロンドンでダンス・ミュージカル「エドワード・シザーハンズ」を上演し大好評を博したことも記憶に新しい。
また、2009年6月に他界したマイケル・ジャクソンも「シザーハンズ」の大ファンで、生前、本編で使用されたうちのシザーハンズ=ハサミの手のワンセット(両手)をスタン・ウィンストンから譲り受けコレクションしていた。

SCREEN GALLERY COLLECTIONでは撮影に実際に使用されたプロップや衣装、プロモーション用に製作された非売品など、滅多にお目にかかれない貴重なムービーグッズを多数展示しております。
ここでしか見られないお宝をお楽しみください!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.