『さらば青春の光』、『トレイン・スポッティング』、『24 アワー・パーティ・ピープル』、『THIS IS ENGLAND』などの系譜を継ぎ、英国ユース・カルチャーを描いた新たな青春映画『ノーザン・ソウル』が2019年2月9日(土)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開される事が決定。このたびポスタービジュアルも解禁された。
画像1: 1970年代のイギリスでソウル音楽に出会い人生が変わった青年の物語『ノーザン・ソウル』公開決定
画像2: 1970年代のイギリスでソウル音楽に出会い人生が変わった青年の物語『ノーザン・ソウル』公開決定
画像3: 1970年代のイギリスでソウル音楽に出会い人生が変わった青年の物語『ノーザン・ソウル』公開決定

自主上映イベントをきっかけに5年の歳月を経て遂に劇場初公開が決定

1960年代にイングランド北部のワーキング・クラスの若者から生まれ、後のレイヴ・カルチャーなどに影響を与えた音楽ムーヴメント“NORTHERN SOUL”。本作は、その最盛期である70年代を舞台に、“NORTHERN SOUL”に魅了された青年たちの成長を描く青春物語。

ユース・カルチャーの描写に定評がある人気ファッション・フォトグラファー、エレイン・コンスタンティンが 、70年代に彼女自身も熱烈な“NORTHERN SOUL”フォロワーとして体験した当時の熱狂を、あまりにもリアルに初監督作品でスクリーンに蘇らせた。

物語の舞台は出口の無い経済の低迷が続く1974年、イングランド北部の町バーンズワース。高校生のジョン(エリオット・ジェームズ・ラングリッジ)は、学校にも家庭にも居場所がなく、退屈な毎日にうんざりしていた。唯一の慰めは、気の合う祖父と過ごす時間と可愛い黒人の看護師を毎朝バスで見かける事だけ。

ある日、彼は両親に勧められ気乗りしないまま行ったユースクラブで、ソウル・ミュージックに合わせて激しく踊る青年マット(ジョシュ・ホワイトハウス)に出会う。初めて聴く音楽と軽快なダンス。ジョンにとって新たな世界が扉を開けた瞬間だった。マットが傾倒する“ノーザン・ソウル”に、ジョンも次第にのめり込んでいく。高校をドロップアウトし、家も出たジョンは、マットとコンビを組みノーザン・ソウルDJとしての活動を始める。やがてナンバーワンDJになるため、新たなレコードを探しにマットと共にアメリカへ行くことを夢見るようになるのだが…。

これまでに英国のユース・カルチャーを描いた名作映画は1979年の『さらば青春の光』、1996年の『トレイン・スポッティング』、2002年『24アワー・パーティ・ピープル』、2006年の『THIS IS ENGLAND』等々多数制作されているが、その系譜を継ぐ作品として誕生したのが2014年製作の本作『ノーザン・ソウル』である。

日本ではあまり知られていない“NORTHERN SOUL”のカルチャーをテーマにしている為なのか、製作から日本公開までに数年のブランクがあったものの 、2017年、この映画をどうしても日本で上映したかったAfter School Cinema Clubによる限定的な自主上映イベントをきっかけに5年の歳月を
経て遂に劇場初公開が決定した。

ノーザン・ソウル
2019年2月9日(土)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開
配給:SPACE SHOWER FILMS
Film © 2014 Stubborn Heart Films (Heart Of Soul Productions) Limited All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.