2018年11月23日についに日本にもやってくる『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。公開直前特集として、4日連続でスクリーン誌が取材した特別インタビューを公開!第2弾となる今回は、前作で恋に落ちたものの、記憶が消されてしまったことで、その後が気になるジェイコブとクイニーの関係。ジェイコブを演じるダン・フォグラー(DF)とクイニーを演じたアリソン・スドル(AS)に、今作での2人のことを聞いてみた。(文・よしひろまさみち/デジタル編集・スクリーン編集部)

豪華キャストが明かす魔法ワールドの秘密
ダン・フォグラー × アリソン・スドル編

プロフィール

ダン・フォグラー

1976年ニューヨーク州生まれ。コメディアンや声優、ミュージシャン、作家としてマルチな活躍を見せる個性派俳優。ぽっちゃりとした親しみやすいルックスで映画界においても人気急上昇。彼のキャリアの中で最も大きな役となるノー・マジ(人間)のジェイコブは、陽気なキャラクターでいまや“ファンタビ”に欠かせない存在に。

アリソン・スドル

1984年ワシントン州生まれ。2007年にシンガー・ソングライター“ファイン・フレンジー”として世界デビューを果たし、3枚のアルバムをリリース。2014年にAmazonオリジナルドラマ「トランスペアレント」で女優として躍進。前作でティナの妹クイニー役に抜擢され、一気に注目を集めた。今作でも華やかな魅力は健在。

ーー率直にうかがいますが、2人はどうなるんですか?

AS:ネタバレは一切しないわよ(笑)。

DF:ちょっと考えさせて。まず思い浮かぶのは……冒頭で彼女に魔法にかけられるシーンを演じたんだ。

AS:具体的に何が起こったかは言わないけれど、彼を魔法にかけたことをごまかすために、あることを隠そうとしたの。

AS:まるでジェイコブが泥酔しているかのようなシーンで、あれは楽しかったな。

ーーお2人のお気に入りの魔法動物は?

AS:みんなもそうなんだけど、ニフラーに夢中よ。今回はベビー・ニフラーも出てくるんだから!

DF:あれはかわいいよね。あと、今回はかっこいいのが出てくるよ。中国の魔法動物でズーウーっていう獅子みたいな巨大な魔法動物。毛皮を見事に表現していたね。攻撃的で「がーっ」とやっている。これには大興奮したよ。

ーーで、話は戻りますが、2人のロマンスは?

AS:これはだめよ、ネタバレ(笑)。

DF:いや、大丈夫でしょ。

AS:じゃ、じつはこれまで通りなのよ。ただ、お堅い米国魔法界の法律によって、人間と魔法使いの交際は固く禁止されていることなの。でもクイニーはそれに従わない。彼女がジェイコブと会ってるってことは......。

DF:法律違反しているよね。

AS:そう。とても大きな規則を破っている。でも、彼女は愛を見つけるのが難しいの。恋に落ちることが、あまりにも珍しいことだから「、分かったわ。彼とこうするしかない」と思いこむの。一方のジェイコブもまた、戦争経験や差別の経験など、これまでの人生でクイニーが知らない様々な体験をしてきた。だから彼は彼女よりもずっと保守的なの。

DF:そこで魔法にかけられるというわけだ。

AS:時には少し何かの力を借りることが必要なのよ(笑)。呪文とかね。

DF:おっと、そこまで(笑)。

AS:でも、これだけは言わせて。2人の間の愛はとてもリアルで、お互い本当に愛し合っているのよ。

ーーでは、今作で2人は結ばれるんですね?

つづきは2018年11月21日発売のSCREEN本誌にて!

特別インタビュー第1弾のエディ・レッドメイン × キャサリン・ウォーターストン × ジュード・ロウ編はこちら!

オンラインでたっぷり楽しみたい方はこちらをチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.