『フランケンシュタイン』の生みの親メアリー・シェリーの真実を描く。主演はエル・ファニング、監督はサウジアラビアの女性監督ハイファ・アル・マンスール。

『フランケンシュタイン』を生んだ女性作家の真実

ゴシック小説の名作、愛を求める孤独な怪物を描いた『フランケンシュタイン』はいかに誕生したのか。弱冠18歳でこの物語を描いたメアリー・シェリーに焦点を当てた名作誕生秘話。

メアリー役には「マレフィセント」のエル・ファニングが扮し、彼女を囲んで「高慢と偏見とゾンビ」の、「マイ・プレシャス・リスト」のベル・パウリー、トム・スターリッジらが共演。サウジアラビア初の女性映画監督となった「少女は自転車に乗って」のハイファ・アル・マンスールの2作目となる長編劇映画。

画像: 『フランケンシュタイン』を生んだ女性作家の真実

16歳のメアリーは天才詩人のパーシーと出会い、惹かれ合うが…

19世紀初頭のロンドン。高名な思想家の両親のもとに生まれた16歳のメアリー(エル)は継母と折り合いが悪く、亡き母の墓を聖域に小説の構想を練る日々。腹違いの妹クレア(ベル)はそんな彼女を慕っている。

妻との不仲を気にした父ウィリアムは、メアリーをスコットランドの友人のもとに送り出す。彼女はそこで天才詩人と評判のパーシー・シェリー(ブース)と出会い互いに惹かれ合う。クレアの仮病でロンドンに呼び戻されたメアリーを追って、パーシーもウィリアムの弟子になるという名目でロンドンへ。

パーシーには妻がいたのだが、メアリーはそれを承知で彼と駆け落ち。だがその先に待っていたのは思わぬ悲劇だった。そしてわずか18歳で経験した波乱万丈の人生が、一冊の小説として結実することになる。

画像: 16歳のメアリーは天才詩人のパーシーと出会い、惹かれ合うが…

「メアリーの総て」
12月15日より全国順次公開
出演/エル・ファニング、ダグラス・ブース、ベル・パウリー、トム・スターリッジ
配給/ギャガ
© Parallel Films(Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017

画像: 【公式】『メアリーの総て』予告編 12.15公開 www.youtube.com

【公式】『メアリーの総て』予告編 12.15公開

www.youtube.com

【インタビュー動画】エル・ファニングが本作について語る

画像: エル・ファニング、新作「メアリーの総て」への想いを語る www.youtube.com

エル・ファニング、新作「メアリーの総て」への想いを語る

www.youtube.com

完全版は「スターチャンネルEYES」をチェック!
BS10 スターチャンネル 情報番組 「スターチャンネルEYES」インターバルほかで無料放送中!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.