なぜ18歳の若者たちは国家を敵に回してしまったのか?東西冷戦下の東ドイツで起こった衝撃と感動の実話を映画化した『DAS SCHWEIGENDE KLASSENZIMMER』 (英語原題『THE SILENT REVOLUTION』)の日本語タイトルが『僕たちは希望という名の列車に乗った』として、2019年5月17日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開されることが決定した。

正しきことをひたむきに模索していく姿は観る者の心を強く揺さぶる

本作は歴史の暗部に切り込んだ衝撃作『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』で話題をさらったドイツ映画界を代表するラース・クラウメ監督の最新作。ベルリンの壁建設前夜、東ドイツの高校生たちの驚愕の実話の映画化だ。

物語の舞台は1956年。東ドイツの高校に通うテオとクルトが、列車に乗って訪れた西ベルリンの映画館で、ハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目の当たりにするところから幕が開く。

クラスの中心的な存在であるふたりは、級友たちに呼びかけて授業中に2分間の黙祷を実行した。それは自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らの純粋な哀悼だったが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは“社会主義国家への反逆”と見なされる行為だった。

やがて当局が調査に乗り出し、人民教育相から直々に一週間以内に首謀者を告げるよう宣告された生徒たちは、人生そのものに関わる重大な選択を迫られる。大切な仲間を密告してエリートへの階段を上がるのか、それとも信念を貫いて大学進学を諦め、労働者として生きる道を選ぶのか……。

無意識のうちに政治的タブーを犯してしまった若者たちが、仲間との友情や恋を育みながら、あるときはまっすぐに主張をぶつけ合い、人間として正しきこととは何かをひたむきに模索していく姿は観る者の心を強く揺さぶる。

過酷な現実にさらされた彼らの、人生のすべてを懸けた決断とは? 希望を追い求めた若者たちの“小さな革命”を未来へと続く“列車”とともに描き上げた感動の実録青春映画が誕生する。

僕たちは希望という名の列車に乗った
2019年5月17日(金)Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国公開
配給:アルバトロス・フィルム/クロックワークス
©2018 ZDF/ Logos: akzente, zero one, Studiocanal und Wunderwerk

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.