秘密主義で有名なM・ナイト・シャマラン監督が話題の新作「ミスター・ガラス」の撮影を振り返り、裏話を語る映像が公開された。

最初は3時間20分の映画だった!

映画史に残る世界的大ヒット・スリラー作品『シックス・センス』(99)のM.ナイト・シャマラン監督が、世界を騒然とさせた『アンブレイカブル』(00)から18年という時を経て創り上げた衝撃のサスペンス・スリラー『ミスター・ガラス』。全米では3週連続興収No.1、100億円突破、そして世界興収は250億円突破(2019.3.4時点)の大ヒットとなった本作が、早くも2019年4月17日(水)より先行デジタル配信開始、4月24日(水)にブルーレイ+DVDセット(4,000円+税)で発売が決定!これを記念し、本作の監督を務めた鬼才シャマランのインタビュー映像が解禁!

画像: 最初は3時間20分の映画だった!

“スーパーヒーロー”は実在するのか?──3人の特殊な能力を持つ男が集められ、“禁断の研究”が開始された。不死身の肉体と悪を感知する力を持つデヴィッド、24もの人格を持つ多重人格者ケヴィン、そして、非凡なIQと生涯で94回骨折した壊れやすい肉体を持つミスター・ガラス…。彼らは人間を超える存在なのか?最後に明らかになる“驚愕の結末”とは?シャマラン監督によって仕掛けられた罠と息をもつかせぬスリリングな展開にさらなる戦慄がもたらされる…

この度解禁された映像では、秘密主義で有名なシャマラン監督が本作の撮影を振り返り、裏話を語る。

注目してほしいポイントについて、『アンブレイカブル』のコミック店のシーンに登場した若者が、18年の月日を経て、同じコミックファンの役で本作にも出演していることを明かし、自身の作品とのクロスオーバーを挙げる。

実は『アンブレイカブル』制作時から3部作の構想はあったといい、『アンブレイカブル』の未公開映像を本作に組み込んでいることも解説。ファンならずとも両作品を見返したくなるような巧みな演出が仕掛けられている。また、キャラクターの心情を表現するために撮影方法にもこだわったというシャマラン。

画像: シャマラン監督が熱弁をふるう!

シャマラン監督が熱弁をふるう!

24もの人格を持つ多重人格者を演じるジェームズ・マカヴォイがローラースケートで滑るシーンの撮影時には、「マカヴォイはローラースケートが苦手で、無茶な滑り方をして僕を不安にさせた」と笑顔で振り返りつつ、「とにかく最高の俳優陣だから僕も冒険ができた」と、俳優たちの演技に太鼓判を押す。

そして、本ブルーレイには本編には収まりきれなかった貴重な未公開シーンも数多く収録!当初3時間20分の超大作だったが、長くなるために「1時間以上カットした」と話すシャマラン監督。惜しくもカットされたその貴重なシーンはブルーレイのボーナス・コンテンツで楽しむことが出来る。

画像: 「ミスター・ガラス」は最初は3時間20分だった!シャマラン監督の裏ネタインタビュー映像 www.youtube.com

「ミスター・ガラス」は最初は3時間20分だった!シャマラン監督の裏ネタインタビュー映像

www.youtube.com

またシャマラン監督といえば、自身の作品にカメオ出演し、ファンを楽しませることで有名だが、監督自身が出演することで視聴者を現実に戻さないように、ベストな瞬間を慎重に選んでいるそう。もちろん本作でもどこかに登場していて、「今回は映画の前半のほうに出ているよ」とスペシャルヒントも。ブルーレイやDVD、デジタル配信でじっくり探してみては。

© 2019 Buena Vista Home Entertainment, Inc.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.