「甲鉄城のカバネリ」の完全新作となる劇場中編アニメーション「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」が2019年5月10日(金)より2週間限定で劇場公開。また劇場上映と同時にNETFLIXとAmazon Prime Videoで独占配信される。
画像: 劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦」本PV www.youtube.com

劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦」本PV

www.youtube.com
画像: 『甲鉄城のカバネリ』完全新作の劇場版が2週間限定で公開

主題歌はテレビシリーズのオープニングテーマも手がけたEGOISTが担当

2016年4月から6月までフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送され、圧倒的な映像美と迫力のバトルアクションで話題を呼んだオリジナルアニメーション「甲鉄城のカバネリ」。総集編映画、ソーシャルゲームと展開し、完全新作となる劇場中編アニメーション「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」がこのたび劇場公開となる。

物語の舞台は世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃。そこに突如として不死の怪物が現れた。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは、鋼鉄の皮膜に覆われた心臓を持ち、噛んだ者までもカバネにしてしまう。

カバネは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。極東の島国である日ノ本(ひのもと)で、分厚い装甲に覆われた蒸気機関車、通称・駿城(はやじろ)の一つ、甲鉄城(こうてつじょう)に乗り込んだ生駒たちは、熾烈な戦いを潜り抜け、カバネと人の新たな攻防戦の地、日本海に面する廃坑駅「海門」(うなと)に辿りついた。

生駒たちは、同じくカバネから「海門」を奪取せんとする、玄路、虎落、海門の民と「連合軍」を結成し、カバネ撃退の策を立てるのだが、「海門」の地にはある“秘密”が隠されていたのだった-。

本作の主題歌には、テレビシリーズのオープニングテーマ「KABANERI OF THE IRON FORTRESS」も手がけたEGOISTが引き続き担当し、タイトルは「咲かせや咲かせ」に決定。度重なる荒木哲郎監督との打ち合わせを経て完成した渾身の1曲となっている。

画像1: 主題歌はテレビシリーズのオープニングテーマも手がけたEGOISTが担当
画像2: 主題歌はテレビシリーズのオープニングテーマも手がけたEGOISTが担当
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.