2018 年カンヌ国際映画祭監督週間に正式出品された『Petra(原題)』が、日本公開タイトル 『ペトラは静かに対峙する』として2019年6 月 29 日(土)より新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺にて公開することが決定し、本ビジュアルが解禁となった。
画像1: 人間の闇や業をえぐる怪作『ペトラは静かに対峙する』公開決定
画像2: 人間の闇や業をえぐる怪作『ペトラは静かに対峙する』公開決定
画像3: 人間の闇や業をえぐる怪作『ペトラは静かに対峙する』公開決定

パズルのピースをはめていくように明らかになる家族の秘密に震撼

本作は、カンヌ常連の気鋭のスペイン人監督ハイメ・ロサレスの最新作。カタルーニャの乾いた大地を舞台に逃れられない悲劇の連鎖を描く。

物語は、画家のペトラが、作品制作のために著名な彫刻家ジャウメの邸宅にやってくるところから始まる。彼女の本当の目的はジャウメが自分の父かどうか確かめることだったが、接するうちに、彼が権力を振りかざす、冷酷な人物であることがわかってくる。そんな中、一家の家政婦が謎の自殺を遂げる。そこから始まる、長い負のスパイラルにペトラも巻き込まれていくのだった……。

時系列が前後する章仕立てのストーリー展開により、パズルのピースをはめていくように徐々に明らかになっていく家族の秘密に震撼させられる。

このたび解禁となったビジュアルは、カタルーニャの大地をバックに主人公ペトラの横顔とタイトルロゴを大胆に配置したデザイン。もの憂げな表情でうつむいたペトラの傍らには、「陽光に溶けてゆく、偽りと真実」というキャッチコピーが添えられている。 神妙な面持ちの登場人物たちが映る場面カットの断片も配置され、映画のミステリアスで不穏な雰囲気を感じさせるビジュアルに仕上がった。

監督のハイメ・ロサレスは長編 6 作品のうち、 5 作品がカンヌ国際映画祭に選出された気鋭の映画作家。主演は『マジカル・ガール』(14)でゴヤ賞主演女優賞を獲得し、本作でヨーロッパ映画賞最優秀女優賞にノミネートされたバルバラ・レニー。複雑な心情を持つヒロインを繊細な表現で演じ切った。

悪の権化であるジャウメは、なんと 77 歳にして本作で演技デビューを果たしたジョアン・ボテイ。さらに 2018年に名誉ゴヤ賞を受賞したスペインの大女優マリサ・パレデス(『オール・アバウト・マイ・マザー』)がジャウメの妻役を演じている。

撮影にエレーヌ・ルヴァール(『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』『幸福なラザロ』)、音楽にクリスチャン・エイネス・アンダーソン(『アンチクライスト』『メランコリア』)も加わり、緊張感と不穏な空気をまとった、人間の闇や業をえぐる怪作がここに誕生する。

ペトラは静かに対峙する
2019年6月29日(土) 新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺 ほか全国順次公開
配給:サンリス
©2018 FRESDEVAL FILMS, WANDA VISIÓN, OBERON CINEMATOGRÀFICA, LES PRODUCTIONS BALTHAZAR, SNOWGLOBE

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.