ハリウッドを代表する名優ロバート・レッドフォードの最新作であり、惜しまれつつも俳優引退作となる『THE OLD MAN & THE GUN』(原題)の邦題が、『さらば愛しきアウトロー』に決定し、7/12(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開されることとなった。
画像1: “レジェンド”ロバート・レッドフォード俳優引退作の日本公開日が決定
画像2: “レジェンド”ロバート・レッドフォード俳優引退作の日本公開日が決定
画像3: “レジェンド”ロバート・レッドフォード俳優引退作の日本公開日が決定

60年に及ぶ俳優人生の最後に演じるのは実在した伝説のアウトロー

1960年にデビューしたのち、『明日に向って撃て!』(69)で一躍大ヒットを記録、『スティング』(73)でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、その実力を認められたハリウッドを代表する名優、ロバート・レッドフォード。

60年近くに及ぶ役者人生の中で膨大な人数のファンを獲得し、すべての時代に名作を刻み続けてきた本物のスター俳優がついに、本作を最後に引退する。

レッドフォードが60年に及ぶ俳優人生の最後に演じるのは、16回の脱獄と90回以上の銀行強盗を繰り返した、実在した伝説のアウトロー。

1980年代初頭、アメリカ。ポケットに入れた拳銃をチラリと見せるだけで、微笑みながら誰ひとり傷つけず、目的を遂げる銀行強盗がいた。彼の名はフォレスト・タッカー、74歳。

事件を追うジョン・ハント刑事は、一度も人を傷つけず2年間で93件もの銀行強盗を成功させた彼の仕事ぶりに魅了され、仕事に疲れるだけの毎日から逮捕へ向けて再び情熱を取り戻す。フォレストが堅気でないと感じながらも、心奪われてしまった恋人もいた。そんな中、フォレストは仲間と共に金塊を狙った大仕事を計画するが——。

銃は使うが誰も撃たないという掟を貫き、自分が一番楽しみながら、好きなことにすべてを捧げたタッカー。その生き方に自らの映画人生を重ねたことが、レッドフォードが彼を最後の役に選んだ理由だ。

レッドフォードの引退の花道を飾るように、オスカー俳優のケイシー・アフレック、シシー・スペイセクほか、ダニー・グローヴァー、トム・ウェイツなど豪華キャストが脇を固める。

監督は、レッドフォードが若い才能を支援するために設立した、サンダンス映画祭で頭角を現した『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』(17)のデヴィッド・ロウリー。レッドフォードが最後に演じたい役柄、最後を共にしたい共演者、映画界の未来を託したい監督が見事にそろいぶみ、まさに集大成として完成した。

また、あわせて解禁された日本版ビジュアルには、伝説の銀行強盗フォレスト・タッカーと、これまで数々のアウトローを演じてきたレッドフォード二人へのメッセージともとれる邦題に加え、銃のポーズを構え私たちのハートを狙い撃ちするレッドフォードの姿と、すべての映画ファンへのメッセージのようなキャッチコピー「ポケットに銃を、唇に微笑みを、人生に愛を。」が記されている。

常に最高を望み、愛や成功を決して諦めず、不可能を可能にすることに情熱を傾け、社会の常識に縛られず、胸踊る冒険へと飛び出せ━━。本作にはタッカーとレッドフォード、二人の“愛しきアウトロー”からの最後のメッセージが込められている。

さらば愛しきアウトロー
2019年7月12日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
配給:ロングライド
Photo by Eric Zachanowich. © 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.