エーアンドイーネットワークスジャパン合同会社は、オリジナル・ドラマシリーズ「プロジェクト・ブルーブック」の日本公開を決定。2019年7月に、CS放送「ヒストリーチャンネル」と動画配信サービス「U-NEXT」で、独占放送、配信を行う。

アメリカ軍と政府が集めていた超常現象事件の情報を開示!

1952年から1969年にかけて、アメリカ空軍と政府はUFO目撃証言や謎の事件についての情報を収集し、その調査を秘密裏に進めていた。その調査報告書のコードネームこそが「プロジェクト・ブルーブック(Project Blue Book)」である。その極秘調査文書の存在は長い間密かに語り継がれていたが、2015年についに情報が開示され、歴史を揺るがす驚きの事実が明らかになった。

7月に公開されるドラマシリーズ「プロジェクト・ブルーブック」は、政府の極秘文書に書かれた実際の調査や証言、政府が国民に隠ぺいしていた数々の事がら等をもとにドラマ化された作品。ヒストリーは、近年「ヴァイキング ~海の覇者たち~」「SIX アメリカ海軍特殊部隊」など、オリジナル・ドラマシリーズの製作に力を入れており、本ドラマシリーズはそのヒストリーの得意ジャンルのひとつである<UFO>や<ミステリー現象>を題材に、満を持して登場したオリジナルドラマである。
物語は、実際の「プロジェクト・ブルーブック」の調査メンバーだったJ・アレン・ハイネック博士が、空軍大尉のミカエル・クイン大尉にスカウトされ、調査に加わるところから始まる。UFOファンの中でまことしやかに語り継がれてきた有名な事件をストーリーに盛り込みながら、2人が各地で起こる超自然現象や目撃談を調査して真相究明に挑んでいく姿をミステリータッチで描いている。

ハイネック博士役には、映画『ボヘミアン・ラプソディ』や大ヒットTVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のエーダン・ギレン、クイン大尉役は「ヴァンパイア・ダイヤリーズ」のマイケル・マラーキーが演じ、頭脳派と実戦派の異色のバディものとしても楽しめる内容となっている。さらに製作総指揮は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ、『フォレスト・ガンプ/一期一会』などの世界的大ヒット作を手掛けたハリウッド映画界の巨匠:ロバート・ゼメキスが務め、数々の名作を生み出した彼の非凡なイマジネーションによって、歴史上の実話がどのようなエンターテイメント作品に仕上げられているのか、期待が高まるばかりだ。

全米では2019年1月8日から放送がスタートし、なんと初回放送の視聴者数合計350万人を記録!
(A+E TV Networks発表。)この数字は、2018年/19年にケーブルテレビで初放送されたドラマ視聴率を更新するもので、2011年に初放送された「ゲーム・オブ・スローンズ」の222万人*を超える衝撃のスタートとなった。ヒストリーチャンネルならではの正確な史実の描写とドラマとしての巧みな演出だけでなく、壮大かつエキサイティングな作品として、批評家からも高い評価を受けており、いよいよ日本で公開される本作に注目したい。

https://jp.history.com/project-blue-book/

All ratings are Live+SD (same day DVR viewing) of the first telecast of the episodes.
Nielsen TV Ratings: ©2011 The Nielsen Company. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.