「アベンジャーズ:エンドゲーム」のアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟監督の製作会社AGBOフィルムズが、老舗映画スタジオと組むことに。

ルッソ兄弟はハリウッドの老舗MGMと提携する。このスタジオに"クリエイティブの精神面の企画者(spiritual creative architects)として加わり、MGMの名作数本のリブート企画の開発と製作に参加する。
まず99年の「トーマス・クラウン・アフェアー」を「ブラックパンサー」のマイケル・B・ジョーダン主演、「ワールド・ウォーZ」のマシュー・マイケル・カーナハン脚本でリブートする作品の製作に参加。さらに、82年のヒット作「ポルターガイスト」、「ピンク・パンサー」シリーズ、82年のアニメ「ニムの秘密」などのリブート企画に加わる。今後のニュースに注目だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.