「マイル22」のマーク・ワールバーグが映画「グッド・ジョー・ベル」Good Joe Bellに主演する。

マーク演じるオレゴン州生まれのジョー・ベルが、十代の息子ジェイデンと共にアメリカを徒歩で旅していくというストーリー。息子役はTV「プレイ・バイ・プレイ」Play by Play のリード・ミラー。共演は「コネディカットにさよならを」のコニー・ブリットン。
監督は、昨年のサンダンス映画祭で初の長編映画「モンスターと人間」Monsters and Men が審査員特別賞を受賞したレナルド・マーカス・グリーン。脚本は「ブロークバック・マウンテン」のコンビ、ラリー・マクマートリーとダイアナ・オサナ。製作はエージェント・ピクチャーズ他。撮影は4月にユタ州でスタートする。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.