★「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」(1989)/日本限定/逆回転リストウォッチ(限定非売品)

1989年、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のビデオライブラリー仕様商品の販売促進と「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」の初パッケージソフト化を記念した先行プロモーション用として、「PART2」劇場公開時に日本でのみ限定生産されたリスト・ウォッチ。ブルー・ベース、イエロー・ベース、グレー・ベース、それぞれ限定100個ずつ生産(合計300個)され、パブリシティ活動の一環としてマスコミを中心に配布された(「PART2」パッケージソフト110セット以上注文の大型店にも提供)。未来から過去が舞台となるPART2のイメージに合わせて時計の針が逆回転するよう、ムーブメントを反転させた特別仕様になっている。
★デザイン・制作監修:Kazuki Abe(1989年/CICビクター)

★「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」(1990)/日本限定/ヒル・バレー100周年記念リスト・ウォッチ(限定非売品)

1990年、「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」劇場初公開~初パッケージソフトを記念した先行プロモーション用として、「PART3」劇場公開時に日本でのみ限定生産されたリスト・ウォッチ。シリーズを通したタイムトラベルの舞台となる<ヒル・バレー>の100年(1885-1985)に掛けて、100周年=合計100個のみ生産され、グループ内関係者と一部のマスコミのみに配布された。文字盤はヒル・バレーの時計台を模しており、ムーン・フェイス仕様で回転しながらデロリアンやホバーボード等、シリーズに登場する象徴的な乗り物がシルエットで登場する。*バンド部分は、ブラックとブラウンの2色
★デザイン・制作監修:Kazuki Abe(1990年/CICビクター)

This article is a sponsored article by
''.