去る2021年2月5日、91歳で亡くなった名優クリストファー・プラマー。最初のブレイク作『サウンド・オブ・ミュージック』(1965)から現代に至るまで長きにわたって第一線で活躍を続けたベテランの死を悼む声が、映画ファンの間では尽きません。そんな彼の偉大な俳優人生を年代別に振り返ってみましょう。

クリストファー・プラマー

『サウンド・オブ・ミュージック』(1965)のトラップ大佐役でファンから愛されたクリストファー・プラマーはトロント生まれ。その後、ナショナル・シアターやブロードウェーで舞台俳優としてキャリアを積み、映画俳優としては特に晩年になって輝きを増した。

享年、91歳。ジュリー・アンドリュースは「大切な友人を失った」と嘆き、長年マネージャーを務めたルー・ピットは「カナダの宝」と称えた。周囲からも愛された人だったのだ。

1960年代

トラップ大佐などハンサムな若き軍人が当たり役に

『サウンド・オブ・ミュージック』(1965)でジュリー・アンドリュースと

トラップ大佐を演じたことについて、当初は「死んだ馬に鞭打つようなもの」と忌み嫌っていたが、作品の仕上がりには満足していたし、2015年に開催された50周年イベントの席では、アンドリュースと笑顔で再会。時を経て愛おしく思えるようになったようだ。

『空軍大戦略』(1969)では英国軍人役に

また、『将軍たちの夜』(1967)『空軍大戦略』(1969)と相次いで軍人役を好演。 ミュージカル『ドリトル先生不思議な旅』(1967)では途中降板。ファンは再び彼の歌声を聴く機会を失った。

1970年代

エミー賞、トニー賞などを次々受賞して実力発揮

画像: 『名探偵ホームズ 黒馬車の影』(1979)

『名探偵ホームズ 黒馬車の影』(1979)

ミュージカル『シラノ』でトニー賞とドラマディスク大賞をW受賞。『マネー・チェンジャース/銀行王国』(1976)でエミー賞を獲得。これに後年オスカーを加えて3冠を達成する。

画像: 『王になろうとした男』(1975)でマイケル・ケイン、ショーン・コネリーと

『王になろうとした男』(1975)でマイケル・ケイン、ショーン・コネリーと

また、名探偵シャーロック・ホームズを演じた『名探偵ホームズ 黒馬車の影』(1979)でジニー賞(カナダのアカデミー賞)を受賞。『王になろうとした男』(1975)では物語の語り部となる記者を演じたプラマーは、これを境に主役志向を捨て脇役を演じる楽しみに目覚める。性格俳優の誕生だ。

1980年代

悪役、敵役など助演級ながら出演作が相次ぐ通好み俳優に

画像: 『ある日どこかで』(1980)

『ある日どこかで』(1980)

TVムービー『The Scarlet and the Black』(1983)でグレゴリー・ペックの敵役を演じ、聖職者の葛藤を描いたミニシリーズ『The ThornBirds』(1983)ではバーバラ・スタンウィックと共演。

『ドラグネット 正義一直線』(1987)(前方)

片や、『ある日どこかで』(1980)では時を超えて愛し合う恋人たちの仲を割こうとする人物を、A・クリスティの『ドーバー海峡殺人事件』(1984)では容疑者の1人を、『ドラグネット 正義一直線』(1987)では物語の鍵を握る悪役を、各々好演。役柄をさらに広げる。

1990年代

『スター・トレック』からホラーまで役の幅を広げ大活躍

画像: 『スター・トレックⅥ』(1991)でウィリアム・シャトナーと

『スター・トレックⅥ』(1991)でウィリアム・シャトナーと

ブロードウェーの『Barrymore』(1997)で伝説の大スター、ジョン・バリモアを演じて再びトニーとドラマディスク賞をW受賞。かねてから大ファンだったという『スター・トレックⅥ 未知の世界』(1991)でチャン将軍を演じて遂に夢を叶える。

画像: 『インサイダー』(1999)でラッセル・クロウと

『インサイダー』(1999)でラッセル・クロウと

さらにスパイク・リーの『マルコムX』(1992)、ジャック・ニコルソン主演のホラー『ウルフ』(1994)と続き、マイケル・マンの『インサイダー』(1999)のジャーナリスト役で助演男優賞を多数受賞する。

2000年代

ベテランにして話題作に引っ張りだこの売れっ子に

画像: 『シリアナ』(2005)

『シリアナ』(2005)

ロン・ハワード監督作『ビューティフル・マインド』(2001)のローゼン博士役、コリン・ファレル主演の『アレキサンダー』(2004)でアリストテレス役、『シリアナ』(2005)では米政財界のドンを演じる一方で、ピクサーの『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009)では主人公と敵対関係にあるチャールズ・マンツの声を担当して、声だけで画面をさらってしまう。

そして、『終着駅 トルストイ最後の旅』(2009)では初のアカデミー助演男優賞候補に。

画像: ベテランにして話題作に引っ張りだこの売れっ子に

2010年代

史上最高齢でアカデミー演技賞受賞の快挙!

画像: 『人生はビギナーズ』(2010)でユアン・マクレガーと

『人生はビギナーズ』(2010)でユアン・マクレガーと

『人生はビギナーズ』(2010)でゲイをカミングアウトする老父を演じて悲願のアカデミー助演男優賞を受賞。史上最高齢82歳での受賞に、「あなた(オスカーはその年84回目)は僕より2歳しか年上じゃないのに、今までどこにいたんだ?」と自らの遅咲きぶりを笑いのネタにしたプラマー。

その後も『ゲティ家の身代金』(2017)、『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019)と話題作に出演。死の直前まで新作が控える売れっ子ぶりだった。

画像: 『ゲティ家の身代金』(2017)

『ゲティ家の身代金』(2017)

最後の出演作品『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』公開中

画像: 『ラスト・フル・メジャー知られざる英雄の真実』公開中/彩プロ配給 © 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

『ラスト・フル・メジャー知られざる英雄の真実』公開中/彩プロ配給

© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

プラマーの逝去に合わせるかのように日本公開が始まった彼の最新作が『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』。ここで彼が演じるのは、ベトナム戦争で自らを犠牲にして多くの仲間の命を救った空軍兵の老父フランク。

国の英雄として讃えられるはずの息子がなぜ名誉勲章を与えられなかったのか、その真実を調査する国防総省のハフマン(セバスチャン・スタン)を信頼するフランクを円熟の演技で魅せるプラマーのクライマックス・シーンに誰もが胸を熱くするはずだ。

Photos by Getty Images

This article is a sponsored article by
''.