創刊75年を迎える映画雑誌『SCREEN』の貴重なコンテンツを再録してお届けするスクリーンアーカイブズの最新刊は『オードリー・ヘプバーン』の第2弾! 
以前発売された第1弾は『ローマの休日』から『戦争と平和』までの記事を収録したが、今回の第2弾は人気絶頂期の代表作『パリの恋人』から『ティファニーで朝食を』まで、今も語り継がれる主演作の数々のを紹介した読み応えたっぷりのレア記事を満載!

スクリーンアーカイブズは読者の熱い要望に応え、SCREENの貴重なコンテンツを再現し限定発売する特集号シリーズです。
流通限定商品になるので購入できるのは一部書店の他、近代映画社公式WEBショップの「SCREEN STORE」のみ。

画像1: 『パリの恋人』〜『ティファニーで朝食を』まで『オードリー・ヘプバーン復刻号』第2弾がSCREEN STOREで限定発売!

●アカデミー賞主演女優賞候補になった『ティファニーで朝食を』

オードリーの代表作の一つ『ティファニーで朝食を』の製作が決定したばかりのころ、早くもトルーマン・カポーティの原作に着目した映画ストーリー、公開直前のレビューにカラーグラビアなど、女優として脂の乗った時期のオードリーの当時の様子が感じ取れる。

画像2: 『パリの恋人』〜『ティファニーで朝食を』まで『オードリー・ヘプバーン復刻号』第2弾がSCREEN STOREで限定発売!

●『パリの恋人』と『昼下りの情事』

日本ではほぼ同時期に公開された2作『パリの恋人』と『昼下りの情事』。華麗で楽しいミュージカルの前者では双葉十三郎氏による長文レビューやファッション研究などの記事が興味深く、ロマンチックなラブストーリーの後者では、荻昌弘氏による作品鑑賞てびき、監督のビリー・ワイルダー研究と、映画史的にも充実の内容。

画像3: 『パリの恋人』〜『ティファニーで朝食を』まで『オードリー・ヘプバーン復刻号』第2弾がSCREEN STOREで限定発売!

●貴重なオードリー自身のインタビューなども

他にも『緑の館』撮影中のセットを訪ねてのオードリー自身の貴重インタビューや、『尼僧物語』『許されざる者』の紹介、津村秀夫氏によるオードリーの女優論まで、いまではなかなか読むことのできないレア記事満載のプレシャスな一冊。
ファンならずともぜひ手元に置きたい!

画像4: 『パリの恋人』〜『ティファニーで朝食を』まで『オードリー・ヘプバーン復刻号』第2弾がSCREEN STOREで限定発売!
画像5: 『パリの恋人』〜『ティファニーで朝食を』まで『オードリー・ヘプバーン復刻号』第2弾がSCREEN STOREで限定発売!

●近代映画社・刊
● B5判
● 60ページ
●販売価格 1,800 円 +税
● 2021年4月28日(水)発売
一部書店を除き一般書店では販売いたしません。
●取扱い書店
代官山蔦谷書店
また以下の劇場でも販売されます。
TOHOシネマズ宇都宮
TOHOシネマズららぽーと富士見
TOHOシネマズ海老名
TOHOシネマズららぽーと横浜
TOHOシネマズ甲府
TOHOシネマズ浜松
TOHOシネマズ長崎
※品切れの際はご了解ください

▼SCREEN STOREでお求めの方はこちらから

第一弾「オードリー・ヘプバーン 『ローマの休日』~『戦争と平和』」も好評発売中

This article is a sponsored article by
''.