★オードリー・ヘプバーン、リヴァー・フェニックス、ショーン・コネリー、アラン・リックマン/未来永劫、語り継がれていく レジェンド・スターの直筆ヴィンテージ・オートグラフを限定発売!

◆7月11日(日)AM11:00~発売開始!

●オードリー・ヘプバーン【1929-1993】
イギリスから活動の拠点をアメリカへ移し、舞台「GIGI」(1951)でブロードウェイ・デビュー。その飛びぬけた容姿がパラマウント映画社の目に留まり「ローマの休日」(1953)の主演に抜擢、一躍スターダムに。晩年はユニセフ親善大使として、その生涯を捧げた。

●リヴァー・フェニックス【1970-1993】
映画出演2作目となった「スタンド・バイ・ミー」(1986)の名演で一気に注目の的となる。その後も、少年が成長する過程の複雑なメンタリティを要求される難しい役柄を演じ分け、高い評価を獲得。コカインの過剰摂取による早すぎる死はファンに衝撃を与えた。

●ショーン・コネリー【1930―2020】
言わずと知れた「007」シリーズの初代ジェームズ・ボンド役で、その人気を不動のものにする。以降も精力的に数多くの作品に出演し、ケビン・コスナーと共演した「アンタッチャブル」(1987)では、本作ノミネート中唯一のアカデミー賞(助演男優賞)を受賞した。

●アラン・リックマン【1946―2016】
イギリスの舞台演劇で活動後、映画初出演となった「ダイ・ハード」(1988)のハンス・グルーバー役で、圧倒的な存在感を放ち一躍有名に。その後、「ハリー・ポッター」シリーズ(2001~)で10年にわたり演じたスネイプ役では、原作ファンからも高い支持を得た。

☟お求めはこちらから

This article is a sponsored article by
''.