ザ・ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが、デンマークの名門ビッグ・バンドと 共演したジャズ・アルバムを発表。ストーンズの名曲も3曲収録されている。

チャーリー・ワッツ、原点回帰のジャズ・アルバムがカッコよすぎる

画像: チャーリー・ワッツは絶対にジーパンをはかない。そこがカッコいい

チャーリー・ワッツは絶対にジーパンをはかない。そこがカッコいい

昨年12月に11年振りのスタジオ・アルバム『ブルー&ロンサム』をリリースしたザ・ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが、デンマークの名門ビッグ・バンドと共演したアルバムがジャズの名門レーベル、インパルス!より世界同時リリース。
このアルバム『チャーリー・ワッツ・ミーツ・ザ・ダニッシュ・ラジオ・ビッグ・バンド ~ライヴ・アット・ザ・ダニッシュ・ラジオ・コンサート・ホール, コペンハーゲン 2010』は、2010 年10 月にコペンハーゲンのナショナル・コンサート・ホールでライヴを行い、後にデンマークの国営放送で放送されたライヴ作品で、スペシャル・ゲストとして参加したベーシスト、デイヴィッド・グリーンは、ロンドン北のウェンブリーで隣同士に住んでいた幼馴染みであり、その二人のリズム隊を中心に、バンド全体のグルーヴ感が伝わるパワフルな演奏が聴ける作品になっている。
ストーンズの人気曲3曲(「黒くぬれ!」「(サティスファクション」「無情の世界(You Can't Always Get What You Want)」)も収録。

『チャーリー・ワッツ・ミーツ・ザ・ダニッシュ・ラジオ・ビッグ・バンド ~ライヴ・アット・ザ・ダニッシュ・ラジオ・コンサート・ホール, コペンハーゲン 2010』
2017年4月21日(金)世界同時リリース
ユニバーサル・ミュージック
UCCI-1039 ¥2,808(tax in)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.