新入社員、新入生らが巷にあふれるシーズンですが、いまをときめく売れっ子イケメン・アクターたちにも、新人時代がありました。スター・オーラはまだまだだけど、可能性を感じさせる初々しい彼らの若き日を捉えた秘蔵ショットをお届けします。(デジタル編集:mari)

4人のクリスたち

線が細いマイティ・ソー

クリス・ヘムズワース(1983年8月11日生)

オーストラリア時代のヘムズワースはまだ線が細い! いまは叩いても殴ってもびくともしない“マイティ・ソー”だけど、この時は殴ったら折れてしまいそう(なワケないけど)。やはり鍛錬の賜物だったのか……

フツーだったキャプテン・アメリカ

クリス・エヴァンズ(1981年6月13日生)

いまやヒーロー“キャプテン・アメリカ”として、憧れの的。そんなエヴァンズのいまから16年ほど前のワンショット。失礼だけどこの時点では、地球の危機を救うヒーローには見えないフツー感が漂っている。

オーラのないスター・ロード

クリス・プラット(1979年6月21日生)

4人のクリスの中では一番年上だけど、一番売れるのが遅かったプラット。でも確かにこの14年前の写真を見てみると、スターらしさがあまりないような……? オーラが出てくるまで時間がかかりすぎたのか?

お坊ちゃまなカーク

クリス・パイン(1980年8月26日生)

デビュー翌年の「プリティ・プリンセス2」でアン・ハサウェーの相手役だったころのパイン。今やキャプテン・カークであり、ジャック・ライアンであり、ワンダーウーマンの相棒でもあるけど、この時はお坊ちゃん!

演技派ハリウッド男優たち

15年前から爽やか!

ブラッドリー・クーパー(1975年1月5日生)

単なるイケメン男優という括りでなく、アカデミー賞に3年連続ノミネートされる演技力も兼ね備えたクーパー。これはそんな彼が15年ほど前、TV「エイリアス」に出演していた頃の爽やかショット。若々しい!

目力は今と変わらず

ジェーク・ギレンホール(1980年12月19日生)

カメレオン俳優として名高いギレンホールは元々芸能一家出身で、子役として活躍していた。これは「遠い空の向こうに」や「ドニー・ダーコ」に主演して顔を知られてきた20歳そこそこの頃。やはりその目力は強い!

坊主刈りのモデル時代

チャニング・テータム(1980年4月26日生)

坊主頭の23歳だったテータムは、モデルとして活躍していた。そんな彼が俳優になり、「G.I.ジョー」のようなヒーローものから「フォックスキャッチャー」のようなシリアスものまで演じ分ける実力派になるとは。

J・ディーンの再来と呼ばれた

ジェームズ・フランコー(1978年4月19日生)

「127時間」ではオスカー候補になるほどの実力を見せたフランコーの若き日は“ジェームズ・ディーンの再来”と呼ばれたもの。初期のTV出演作『フリークス&ギークス』(1999)のこのポートを見ると、それも納得。

カナダから来た二人のライアン

ミッキーマウス・クラブ出身!

ライアン・ゴスリング(1982年10月10日生)

オンタリオ出身で、13歳の頃ジャスティン・ティンバーレークらと『ミッキーマウス・クラブ』に出ていたのは有名なゴスリング。これは映画に転向した21歳頃の写真だけど、クールな男になるのはまだ遠い……

ニコロデオン出身!

ライアン・レーノルズ(1976年10月23日生)

彼もバンクーバーからハリウッドへやってきて、15歳でニコロデオンの番組に出ていたクチだけど、「デッドプール」のオレちゃんで大ブレークするまで、この芸能人野球大会からあと17年くらい待つことに。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.