「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」でも大活躍のジョニー・デップ。ひっぱりだこな彼に新たな作品出演の情報が!気になるその内容とは?

まず1作目は"大学教授"。タイトルは『リチャードはさよならを言う』

『リチャードはさよならを言う』(Richard Says Goodbye)はコメディー作品。
デップ演じる大学教授リチャードが、余命わずかという診断結果を見て人生を変えることを決意し、喫煙や飲酒など、あらゆる悪徳に手を出していく。

監督は本作が二作目となる新鋭ウェーン・ロバーツ。製作はIMグローバル他。

もう1作は"企業創業者"。その名も『ジャングルの王』

デップにはもう一つ新作あり。実話に基づくブラック・コメディー『ジャングルの王』(King of the Jungle)に主演する。

コンピューター・セキュリティー・ソフトの先駆者で、セキュリティー対策会社マカフィーの創業者のジョン・マカフィーを描くもの。彼は富を得た後、文明社会を離れて、08年頃からメキシコとグアテマラと国境を接する英連邦王国の一国、ベリーズの島で暮らすが、隣に住む米国人とトラブルになり、その隣人の死の重要参考人として指名手配され、次第に被害妄想にかられるようになってアメリカに送還された。

監督はグレン・フィカーラとジョン・レクア。製作はコンデ・ナスト・エンターテインメント他。

ジョニー・デップ、大活躍!ちなみに、パイレーツシリーズ最新作公開記念にこんなイベントも開催中。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.