美しき女優であると共に社会活動にも力を入れ一人の女性としても尊敬を集めているエマ・ワトソン。「ハリー・ポッター」のハーマイオニー役でデビューした16年前から今日までの彼女の成長の軌跡をたどってみました。

2001年〜2009年

2001年:元気いっぱいの11歳

エマ・ワトソンが初めてみんなの前に登場したのは2001年、「ハリー・ポッターと賢者の石」のプレミアの時。そばかすなんて気にし
ない、元気いっぱい笑顔がかわいい11歳の女の子に誰もが魅了されました。

©Getty Images

2004年:世界的な美少女スターに

お年頃の少女はあっという間に成長します。「ハリー・ポッター」は大ヒット・シリーズとなりエマの人気もぐんぐんアップ、MTVショーにも呼ばれるアイドルに。本人も何となく大人っぽく。

©Getty Images

2005年:日本の皆さん、コンニチハ!

シリーズ4作目の「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のプロモーションで待望の初来日を果たしたエマ。すっかり美少女へと変身した彼女のキュートさに、日本中が大興奮に包まれました。

©Getty Images

2007年:デビュー6年で

早くも手型をスウィート・セブンティーンを迎えたエマ。青春真っ盛りの時期も「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のワールド・プロモーションで大忙し。7月にはハリウッドのチャイニーズシアターで早くもハンドプリンティングの栄誉を。共演者のダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリントと一緒に手型を刻んで嬉しそう。

©Getty Images

2009年:ファッショニスタとしても注目を

すっかり美しく成長したエマ。この年からバーバリーのモデルを務めることになり、ファッション・アイコンとしても注目を集めるように。メイクも大人っぽさを意識しているのがわかります。さらにこの年、ブラウン大学に入学したのも大きなニュース。「ハリポタ」卒業を前に新たなステップを踏み出しました。

©Getty Images

画像: 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 ©Getty Images

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
©Getty Images

2010年〜2017年現在

2010年:ベリー・ショートに大変身!

「ハリー・ポッターと死の秘宝PART1」のLAプレミアで世界中をびっくりさせたエマの超ショートヘア。最終章までの撮影が終わったのを機にバッサリ。ボーイッシュなハンサムぶりに絶賛の嵐。

©Getty Images

2011年:さようなら、ハーマイオニー

最終章となった「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」のワールドプレミアはかつてないスケールで開催。それにふさわしく豪華なド
レスで出席したエマだけど、きれい!と鳥?と評価は真っ二つに。またこの年は「マリリン 7日間の恋」にも出演し、女優としての次
のステップを模索。

©Getty Images

画像: 「マリリン 7日間の恋」 ©Getty Images

「マリリン 7日間の恋」
©Getty Images

2012年:女優として新たな一歩を

大学でより広い世界に触れ、将来の道を探したエマが、再び女優の道を選んだ主演作が「ウォールフラワー」。プレミアにはぐんと大人ムードで登場し、新たな一歩を印象づけました。

©Getty Images

画像: 「ウォールフラワー」 ©Getty Images

「ウォールフラワー」
©Getty Images

2013年:カンヌ映画祭を初体験

ソフィア・コッポラ監督と組んだ「ブリングリング」でこれまでの“いい子”イメージを打ち破ってみせたエマ。本作でキャストと一緒に初めてのカンヌ国際映画祭も初体験。

©Getty Images

2014年:オスカー・プレゼンターに

UNウイメンを通じて女性の正しい権利のための活動をスタートさせ、自分の道をまっすぐに進み始めたエマ。この年のアカデミー賞ではジョゼフ・ゴードン・レヴィットと共にプレゼンターを。

©Getty Images

2016年:ホワイトハウスに招待

「ノア 約束の舟」(2014)「コロニア」(2015)と女優として活躍を続ける一方、社会活動にも積極的に参加。ホワイトハウス晩餐会に招待されたのもいい思い出になったようです。

©Getty Images

2017年:神ってる美しさにため息

これまでのエマの女優人生の集大成ともいえる「美女と野獣」。故国イギリスで開催されたイベントでのロングドレス姿は神っていると話題に。

©Getty Images

女優として女性としていま最も輝いているエマ。目が離せません。
そんなエマが出演することで話題の『美女と野獣』も見逃せませんね。

画像: 「美女と野獣」

「美女と野獣」

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.